忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338
8d198919.jpg発行年月:2006年2月


たとえ世界中の誰もが君をわすれてしまっても、
ぼくだけは君を憶えてる!

高校時代。優等生だったぼくの心を一瞬にして奪い去った君。大好きで、いつも一緒にいたくて仕方なかった。なのに、ぼくは君の顔さえも思い出せないんだ・・・。いったい、なぜ?君はホントに存在したの?------時の裂け目に消えてゆく少女と、避けられない運命を変えようと必死にもがく少年の恋を描いた、激しく切ない恋愛小説。

                                           (本の帯文より)

この著者の作品は前に一度読んで感動した覚えあり、この本を図書館棚で見つけたとき、
先ずこのタイトルに惹かれました。
その後、「あ~平山さんね・・・・」と。

タイトルからして切ない話と想像できるけど、お話もやはり切なかったなぁ~。
ちょっとSFの要素あり。
不思議なお話ではありますが、17歳の高校生カップル・タカシとあずさが爽やか。
タカシの友人・ヒロトも良い子だし・・・。


自分さえ忘れずにいれば、このまま幸せな日々は続くんじゃないかと必死に、いろいろ試すタカシが健気で愛おしい。
けれど・・・・・その努力の甲斐なく・・・・


切ない話だけど、ラストが決して暗くないのがいい。
その後のタカシやヒロトの選んだ道は、輝かしい未来が予想出来る物だった(^^)

表紙の写真も内容に合っていていいなぁ~。

平山さんの本、もっと読んでみたい!

★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]