忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306
aee53b16.jpg発行年月:2007年3月

まもってやれるだろうか。この俺に。

多摩川土手に乗り捨てられたワンボックス・カーから、血塗れの左手首が発見された! 姫川玲子たち捜査一課殺人犯捜査係の刑事たちは、所轄と組んで捜査にあたる。しかし、手首の持ち主と思しき男の周辺を調べていくうちに、つぎつぎと意外な事実が浮かび上がって……。

進境著しい俊英・誉田哲也が渾身の力をこめて描く、丹念に積み上げられた捜査小説にして、胸をうつ犯罪小説の白眉!

                                           (光文社HPより)

姫川玲子シリ-ズ。
先にシリ-ズ4作目「インビジブル・レイン」を読んでしまいましたが、面白かったので
シリ-ズ1作目「ストロベリ-・ナイト」に続き読みました。

事件の真相究明の過程が丁寧で、今回は高岡賢一という男の狂気にも似た父性が軸にありました。
こんな形で一人の若者を庇うって、凄い!
鳥肌が立つほどの衝撃でした。

事件解決に向けて奔走する警察関係者の面々がまた個性豊かで真面目な捜査のなかに、可笑しい会話があったりで、緊張感のなかにもユ-モアありなのがこのシリ-ズに魅力かな?

玲子に好意を寄せる男性陣たちのバトルもどこかユ-モアあり!
相思相愛なはずの玲子と菊田の関係は、前作よりは少し進歩した様子。
でも、邪魔者が入るんだよね~^^;

職場での立場上、玲子の方が上という設定なのも菊田にしてはなかなか強引に進めない要素。

玲子の天敵とされる日下警部補でしたが、結構、軟化傾向で締めくくられていたのが微笑ましかった。

監察医の國奥先生と菊田との恋のライバル・井岡、この二人が出てくると緊張感が緩むのも可笑しい。

シリ-ズの次の話ではどんな事件解決に挑むのか?
楽しみだ。


★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]