忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304
20030501_1.jpg   発行年月:2003年5月

  ある冬の日、少女は殺された。
  けれど少女は天国から愛する家族を見守りつづける。
  「わたし、みんなのこと大好きだから、
 ずっとそばにいるから・・・・・・」
  家族の崩壊と再生、そして永遠に消えることない愛を描き、
  全世界からかつてない熱狂で迎え入れられた、驚異のデビュー小説。

    
                            (ア-ティストハウスHPより)



同名の映画が公開され、映画にも興味あったのですが、見に行けず・・・(T_T)
原作本があると知り、読んでみました。


冒頭から、殺されたと語るス-ジ-の言葉。
淡々と事件までの経緯を語るその様子は、何とも言えない気持ちになります。
同年代の娘を持つ親としては辛い話でした。

そして、ス-ジ-は天国で友達となったフラニ-と共に下界の様子を日々観察。
14歳で殺されたス-ジ-。
愛する家族や、好きだった男の子の様子が気になるので、そんな人々を見ながら・・・
でも、自分が居ない世界。

父親は、犯人探しをし、父親なりの勘で、ミスタ-・ハ-ヴェイが犯人だと確信する。
しかし、周囲の人々や警察ですら、その勘を信じてくれない。
確証がないから。ハ-ヴェイの嘘を見破れる者がいないから。
そして・・・・・父親が変わり者とされてしまい、ス-ジ-の妹・リンジ-も殺された少女の妹であり、変わり者の父親を持つ娘と見られてしまう。

家族間もなんだかギクシャクして、母親は辛さに耐え切れず家を出て行く。

どうなるの?この家族は?
と心配しながら読みましたが・・・・年月が少しずつ、傷をほぐしてくれた様子。
警察でも少しずつ、犯人逮捕の手がかりを見つける。

けれど・・・わたしの予想とはちょっと違う展開だったなぁ~。
てっきり犯人・ハ―ヴェイは逮捕されると思ったのだけど・・・・。
その辺、ちょっとスッキリしなかったけど、

家族が少しずつ、それぞれの生き方を見つけていく様子は良かった。
ギクシャクしたのも、お互いを愛していたからかも。

辛い事件の背景にあった家族愛も強く感じられるお話でした。


本の著者紹介で、驚いたことに、本人も大学生のとき、レイプという辛い体験をしたそう。
この物語を自らの体験に基づいて書いたのかな?なんて考えるとちょっと複雑な気持ちになるけど、生きていれば、幸せな暮らしもその後、待っていたとも考えて、レイプした挙句、殺した犯人が余計に許せなくなりました。

映画もDVDで見てみよう!

★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]