忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290
47928507.jpg    発行年月:2006年2月

青いシートにくるまれ、放置されていた物体。それは、執拗に切り刻まれた惨殺死体だった。警視庁捜査一課の主任警部補・姫川玲子は、直感と行動力を武器に事件の真相に迫ろうとする。しかし、事件の全貌は、想像を超えて凄絶なものだった・・・。
熱気と緊張感を孕んだ描写と、魅力的なキャラクター。
新鋭、渾身の長編エンターテインメント!


                            (光文社HPより)


姫川玲子シリ-ズは、新しいものを読んだことあり、この話のなかで玲子がどうして警察官の道を選んだのかがよく解りました。
高校生の時、辛い体験があり、そこで出会った警察官に救われ、その警察官の言葉を胸に抱いて前を向いて進んで来たんですね。
その話にも感動しました。


そして、直面する事件。
それに関わる人物の生い立ちが先ず物語の始まりにあり・・・・う~暗そう。重そうだな。と思いました。

次々に発見される遺体の凄惨さ。
その手口は実にグロテスクでちょっと気分が悪くなるかんじ。

玲子をはじめ、警官たちの会話が明るく結構、楽しいので救われたけど・・・・^^;

終盤になると事件の核心部分に触れ出し、緊迫感が増しました!
危ないよ。そこに入ったらダメなんじゃない!?なんてハラハラドキドキしながら玲子の行動を心配してたら・・・え?あなたも犯人側の人間でしたか!?とビックリの展開!(+_+)

ヒヤヒヤドキドキ・・・・

でも最後は、ホッ。

玲子の天敵のような勝俣警部補だけど・・・・なかなか良いとこあるじゃん!
好きだな。こういうキャラクタ-。

玲子に好意を寄せる部下の菊田と井岡。
対照的な二人の様子も面白かったし、登場人物たちが、このシリ-ズはいい!

まだ読んでいない姫川玲子シリ-ズも読んでみよう!


★★★★


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]