忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282
323bab3f.jpg発行年月:2008年11月


514円が全ての始まりだった。娼婦、妻、友人、嘘、欲、ホテル、アユタヤ、ムエタイ、仕事……目の前を横切るあらゆる光景が危険な結末へと導いていく。吉田修一が到達した最高の「犯罪文学」。
講談社創業100周年記念出版「書き下ろし100冊」第1弾!


            
                       (講談社HPより)

最初から、県の職員の横領事件を元に書かれたものと知らなければ、タイのバンコクを旅行する男の様子を楽しめる内容でもありました。

でも、おとのこ人って、しょうがないなぁ~。
海外でこの手のお金を使うのは仕方ないことなのか??

途中から、横領の経緯みたいな話になって・・・そういう状況だと、ふと公金に手をつけてしまうって事もあるのかな?
なにかそういう事を防ぐ手段は考えられていないのか!?なんて不思議にも思いました。

公社職員の片桐の妻も嫌だな。
出所の怪しそうなお金なのに、一緒になって使っていたら、共犯みたいなもんでしょ!(怒)


多少、懺悔の気持ちがあるのか?とも思ったら・・・・最後にビックリ!
なんじゃこりゃ!?
益々怒りが沸きました!!

片桐には、全く共感する事ないし、呆れるばかりです!

でも・・・物語としては、面白かったかな。

★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]