忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239
6563561e.jpeg発行年月:2009年7月


川田幸代。29歳。会社員。腐女子。社の秘められた過去に挑む―。本間課長は言った。「社史編纂室でも、同人誌を作ろう!」その真意はいかに?風雲急を告げる社史編纂室。恋の行方と友情の行方は、五里霧中。さらには、コミケで人気の幸代の小説も、混乱に混乱を!?これでいいのか?わたしの人生。



                          (筑摩書房HPより)

三浦さん、いろんな話を書きますね~。
今度は、商事会社が舞台。

主人公の幸代は、社史編纂室の一員。
なんだか冴えないほかのメンバ-たち。
本間課長は、定年が近いのに課長どまり。定時に出勤する事ほとんど無し。
2年先輩の矢田は、別名「ヤリチン」。
後輩のみっこちゃんは屈託がなくいつも明るい。


社史を作る・・・地味な作業だな。
これがどういう面白い展開になっていくのか?
三浦さんなら絶対面白くなるんだろうけど・・・と思いながら読み進めると、やはりどんどん面白くなりました!(^^)

星間商事の知られざる過去!
登場人物の人間関係の新事実も明かされたりでした。

幸代が最初、ナイショで高校時代の友達と作る同人誌の小説。
学生時代は文芸部で小説も書いていたという本間課長が幸代の小説に触発されて書き始めた時代物小説。
その後、新たに社史に関わる小説。

これらもそれぞれ面白かったな~。

会社と関わりのあったという「サリメニ」という国は・・・・想像上の国?
今は崩壊したけど、ホントにかつてあった?(この辺、疎いけどないよね?^^;)


社史編纂室に届いた脅迫状と思われる葉書の出所はハッキリ書かれていなかったけど
多分・・・〇〇ですかね?

幸代と一緒に暮らす、恋人の洋平の実態はよくわからなかったけど、二人はお互いのやりたい事を認め合えてよい相棒というかんじでなかなかいいな。こういう関係なんて思いました。

結婚するか否か?迷っていた幸代の気持ちもよくわかったけど、お互い離れなれないんだろうね。
自分を一番理解してくれてる人だから。

最後は、社史編纂室は解散したけど、清々しい別れというかんじで良かったな。

今回の話も楽しかった♪

★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]