忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234
2508e130.jpeg発行年月:2009年10月


198×年、灼熱の魂が駆け抜ける-----。

辺境の地、東海道を西へ西へ、山を分け入った先の寂しい土地、鳥取県赤珠村。その地に根を下ろす製鉄会社の長女として生まれた赤緑豆小豆は、鉄を支配し自在に操るという不思議な能力を持っていた。荒ぶる魂に突き動かされるように、彼女はやがてレディ-ス(製鉄天使)の初代総長として、中国地方本土の制圧に乗り出す-----あたしら爆走女愚連隊は、走ることでしか命の花、燃やせねぇ!中国地方にその名を轟かせた伝説の少女の唖然呆然の一代記。里程標的傑作『赤朽葉家の伝説』から三年、遂に全貌を現した仰天の傑作!

                               
   (東京創元社HPより)

ハチャメチャだ!
愉快なくらいのハチャメチャさ!

まるで、少年漫画を読んでいるようなかんじ?(読んだことないけど・・・・^^;)

小学校6年生のときから暴れまくる少女・赤緑豆小豆。
中学入学と同時に仲間を次々つくりレデ-スの初代総長となって、さらに大暴れ。
彫刻刀を振り回して相手を切りつける・・・普通ならこれだけで、少年院送りだよ!
そして、彫刻刀で相手の顔に「瓢箪」「醜女」「横綱」と次々掘るなんて・・・


だけど、なんだろ?この痛快さは!

小豆の家は製鉄所を経営し、真面目で好青年の兄がいて、妹、弟がいて、家族と話す場面では普通の女の子なのになぁ~。

レデ-ス「製鉄天使」の仲間(スミレ、花火、ハイウェイダンサ-)たち。
小豆が武器を求める武器屋「貴婦人と一角獣」のイチ。
小豆の恋人で、総番長のタケル。

それぞれが個性的で最高でした♪

鳥取を拠点に暴れ、その後、島根、岡山、広島そして、最強と言われた山口を抗争で叩きのめして制圧しつくす「製鉄天使」の活躍ぶり。

でも、高校2年である出来事を機に青春が終わったと感じた小豆。
ちょっとしんみりしたなぁ~。

と思いきや・・・・その後の顛末がまた一笑わせさせてくれて、楽しかった。

あ~でもこういうのは、好き嫌いが分かれそうだな。

わたしは結構楽しめた。

「赤朽葉家の伝説」は未読だけど、読んでみようかな?

桜庭さん、もしかして元レデ-スですか・・・?
出版社のHPでの真っ赤な特攻服がとてもお似合いでした(^^)

★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]