忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233
a54e8f1f.jpeg   発行年月:2007年7月


   あかりが12歳のとき、子犬のソックスがやってきた。
   亡くなった母とかわしたあの約束を、はたして、
   あかりは守れるのか・・・・・。

   2008年3月に公開された同名映画の原作本


                       
(本の帯文より)
① 私と気長につきあってください。
② 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
③ 私にも心があることを忘れないでください。
④ 言うことをきかないときには理由があります。
⑤ 私にたくさん話しかけてください。人のことばは話せないけど、わかっています。
⑥ 私をたたかないで。本気になったら私の方が強いことを忘れないで。
⑦ 私が年を取っても仲良くしてください。
⑧ 私は十年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいてください。
⑨ あなたには学校もあるし友だちもいます。でも私にはあなたしかいません。
⑩ 私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。
   どうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを。

 


映画化は知っていましたが、見る機会なく・・・・こういうのってきっと泣けるだろうし・・・・。

図書館の棚にあったので、借りて読みました。
可愛らしい子犬の表紙写真に先ずは癒されて、中身のほかの写真もすごくかわいい(^^)
足の先だけ白くて、本当に靴下をはいているようなソックス。

子犬のときから年老いて亡くなるまでが描かれていますが、その飼い主である12歳のあかりちゃんが大人になるまで、その家族の出来事も交えての感動作品でした。

犬に限らず、命あるものを育てるって、みんなこの10の約束が大事かも。
喋らなくても、気持ちは通じあっている家族と同じ大切な存在なんですね。

帯文にも書いてあるからここにも書いちゃうけど、母親が亡くなった頃にあかりの元に来たソックス。
犬を欲しかったあかりのために、そういう手はずを整えていたのね・・・(/_;)
母親の娘を想う気持ちが最後にズ~ンと響くもので、泣けました。

あかりの父親も娘想いで優しかった。


これ読んだら、映画も見てみたくなりました。
きっと映像になったら、もっと泣けるだろうけど・・・。

この著者は、ほかにも多くのヒットした映画のプロデュ-スを手掛けている方のようですね。
「クイ-ル」「子ぎつねヘレン」「花よりもなほ」「ゲゲゲの鬼太郎」
脚本家としては「RAMPO」「椿山課長の七日間」などだそう。

その他、小説も書かれているようで、多彩な活躍をされているんですね。
知らなかったぁ~。
今度は小説を読んでみようかな?



★★★★


  
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]