忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1543]  [1542]  [1541]  [1540]  [1539]  [1538]  [1537]  [1536]  [1535]  [1534]  [1533



発行年月:2015年1月


 想像力と感応力が炸裂する超異色短編集 時代や場所に関わらず、
社会に時折現出 する抑圧と奴隷状態。
それは今ここで起きても不思議ではない。
七作を収録した超異色 短編集。

                      (文藝春秋HPより)




長編じゃなくて短編集でした。

七つの話、どれも嫌な話ですが、すらすら読めました。


<雀>
15歳のスズメ。母も祖母も舌を切られている。長老の妻になることを拒んだから。

恐ろしい。
スズメが暮らす家が「スズメのお宿」と呼ばれているなんて、ブラックジョークが
尚更ゾゾ~ッ。



<泥>
泥に囲まれた島に囚われている女子高校生たち。

よくわからない状況だけど、その中に自分が居たら・・・と想像してしまうと
堪らなく恐ろしい。



<神様男>
アイドルになる夢をやっと叶えた娘のイベントを見学に行く母親。

これはちょっと笑えた。
アイドルも大変だけど、その家族はもっと大変だかも。



<REAL>
ブラジルでNPO活動している友人を訪ねるアサミ。
彼女はもうすぐ20歳になる娘が自殺したことを友人に告白。
友人の活動先で知り合った少女に娘の面影をみる。

これは、ちょっと切ない話。
同じ年頃の娘を持つ母親として、アサミの気持ちが痛いほどわかって
泣けてきた。



<ただセックスがしたいだけ>
炭鉱労働のために村に入ったコウサ。
男たちがソワソワ、自分の住処を片づけたり、食べ物を調達している
様子を不思議に思っていたが、その理由は、女だった。

男って、そういう生き物?



<告白>
薩摩の商人ヤジローは、藩の役人を殺めてしまい日本から船に乗りこみ逃亡。
日本は鎖国中で着いた国で、日本人の老人から声を掛けられその男の家に

老人の告白話が怖い。
ヤジローはどうなったんだろう?


<山羊の目は空を青く映すか>
囚人として暮らすタンネ。
監視様たちに密告すれ国家に忠誠を誓っている証とされる。
父は一級囚人だと信じていたが・・・。

これって、何処かの国にありそうな話だなぁ~。
タンネの最期の気持ちは安らかだったのかな?


表紙の暗い絵が、本の内容に見事に合っていて、見入ってしまった。

次は長編を読みたい!


                         ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]