忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1538]  [1537]  [1536]  [1535]  [1534]  [1533]  [1532]  [1531]  [1530]  [1529]  [1528



発行年月:2014年10月


人生の途中、はからずも厄介ごとを抱えることになった人々。
でも「たとえ行き止まりの袋小路に見えたとしても。
根気強く探せば、どこかへ抜け道があったりする」
(トオリヌケキンシより)

他人にはなかなかわからってもらえない困難に直面した人々も
思いもよらぬ奇跡が起きる時がある----。
短編の名手・加納朋子が贈る六つの物語。


                   (文藝春秋HPより)




6つのお話には、かなり深刻な状況に陥っている人々が登場して
胸が痛くなりますが、必ず希望の光が差し込んでくるような瞬間があり
ホッとしました。
加納さん自身の療養体験のことも書かれているのかなぁ~と思わせる
お話もあり、困難のなかでもがき苦しむ人の存在に気づいて少しでも
その救いになれる存在に自分がなれたらいいな・・・・
なんてことも職業柄感じたりしました。


<トオリヌケキンシ>
トオリヌケキンシと書かれた札の先の小路に興味を覚えた小学生の田村陽。
その先には一軒の古い家。そして見知らぬ少女・あずさと出会う。
やがて、高校生になった陽は、突然、不登校になってしまう。
そこにやって来たあのあずさ。

知らぬ間に誰かの救いになっていることが、後の自分を今度は支えてくれる。
良い話だなぁ~。



<平穏で平凡で幸運な人生>
幼少時から、ある形を瞬時に見つけ出すことが出来る能力を持っていた。
神童だと言われたこともあったが、その後は普通の生活でごく普通の
高校生になった少女。そこで知り合った生物の先生から
その力は『共感覚』じゃないか?と言われる。

『共感覚』・・・初めて知った!



<空蝉>
優しかった母が突然、虐待をする母に変身してしまった。
タクミの救いは想像上の友達、タクヤだけ。
やがて、父は新しい母を連れて来た。

タクミにとっての救いは大学生になって知り合った先輩。
彼の存在がタクミの辛い過去も救うことになるのがけど・・・
脳の病気って恐ろしいな。



<フー・アー・ユー?>
人の顔が判別できない『相貌失認症』のぼく。
高校では最初の自己紹介でカミングアルトして随分、楽になった。
そんな僕に告白した美華。
彼女は『醜形恐怖症』だった。

お互い、他人に理解しがたい症状を抱えて知り合った。
でも二人は、それぞれの救いになって、これぞ奇跡の出会い!!


<座敷童と兎と亀>
近所の老夫婦・亀井さんのうちのおばあちゃんが急死。
気落ちするおじいちゃん。
おじいちゃん自身も脳梗塞の後遺症で少し体が不自由。
そんなおじいちゃんから「家のなかに座敷童がいるようだ」と聞かされた。

ご近所づきあいって大事だなぁ~。
でも座敷童の正体がわかり、おじいちゃんに家族が増えて良かった♪


<この出口の無い閉ざされた部屋で>
ひきこもりの青年は、『明晰夢』を見て楽しむ。
時々、夢のなかに現れる兔野は、いつも自分を心配してくれる。
そして、引きこもる前に出会った女の子・ミナノも夢に出てくる。

閉ざされた部屋は、無菌室だったんだ~と途中で納得。
これは加納さん自身の体験から書かれた話でしょうね。
友だちの兎野は前の話でも少し登場。良い子なんだなぁ~。

 
どの話もよかった。
一番好きなのは「フー・アー・ユー?」。
深刻な状況もこんな風に乗り越えれたら素敵だ!


                          ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
4 5 6 8 9
11 12 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]