忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1063]  [1062]  [1061]  [1060]  [1059]  [1058]  [1057]  [1056]  [1055]  [1054]  [1053
41SaX3IuV0L__SX230_.jpg     発行年月:2012年8月

    事件はすべてのはじまりにすぎなかった――

エリート銀行員の仁藤俊実が、意外な理由で妻子を殺害、逮捕・拘留された安治川事件。犯人の仁藤は世間を騒がせ、ワイドショーでも連日報道された。この事件に興味をもった小説家の「私」は、ノンフィクションとしてまとめるべく関係者の取材を始める。周辺の人物は一様に「仁藤はいい人」と語るが、一方で冷酷な一面もあるようだ。さらに、仁藤の元同僚、大学の同級生らが不審な死を遂げていることが判明し……。仁藤は本当に殺人を犯しているのか、そしてその理由とは!? 貫井氏が「ぼくのミステリーの最高到達点」と語る傑作。読者を待つのは、予想しえない戦慄のラスト。

                                       (実業之日本社HPより)


殺人事件の犯人・仁藤俊実についてを書こうとする小説家の「私」が彼の過去の出来事などを調べていく。

妻子を殺して川に放置した仁藤のことを彼を知るだれもが「信じられない」という。
日本最難関の大学を現役入学し、大手都市銀行に入行。
見た目の良い感じの誰もが憧れる存在。

職場の同僚たち、大学時代の友人たち、そして高校時代以前の仁藤を調べる。
大抵の人が仁藤に抱いている印象は、好意的なものだけれど、
少し違う印象を受けている者も現れる。

そして、彼の身近では事故死している人が数人いることがわかる。
それから彼のそばに居る女性の名前が「ショウコ」。
殺された妻の名前もショウコ。
偶然なのか?

小学校時代に彼と仲良くしていた女性・ショウコの話では、彼が正義感が強い、
心優しい少年だったことがわかりちょっとホッとした。


最後の最後が、「?」という終わり方で、ちょっとモヤモヤした感じが残ったけれど
話は面白かった。
もう少し、最後、仁藤という人間が妻子殺しに至る心理を明らかにするような
ことばがあればなぁ~。
読んでいる途中で出てくる疑問が、そのまま解決されずに進むので
本の残り頁が少なくなるにつれ「え?これでおしまいになるの?」と不安になり
最後、その気持ちが解消されずに終わるのが虚しかった(/_;)


表紙の絵が不気味で怖い。
人間じゃなくてマネキンのような変にピンク色の唇。

本心から笑ってない笑顔って不気味。



 

★★★
 

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]