忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1007]  [1006]  [1005]  [1004]  [1003]  [1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997
517Zrkmg7ML__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2012年12月


早くに両親を亡くし十六歳で奉公に出た菜々だったが、主人の風早市之進が無実の罪を着せられてしまう。驚くことに市之進を嵌めたのは、無念の死を遂げた父の仇敵その男だった。風早家の幼き二人の子を守るため菜々は孤軍奮闘し、そして一世一代の勝負に出る---軽妙洒脱にして痛快な時代エンターテインメント



                      (双葉社HPより)



主人公・菜々の奉公先の家族が素晴らしい。
主人の風早市之進とその妻・佐知は、奉公人である菜々を大事に家族同然のように接してくれる。
その優しさに報いようと菜々も家族のために奮闘する。

菜々は武士の子であり、父親・安坂長七郎が切腹を強いられたのは、轟平次郎という男の策略によるものだったと知りいつか仇討ちをと密かに思っていた。

菜々の周りには心強い味方がどんどん増えていく。
最初は嫌なかんじの人だな~と思っても菜々の真っ直ぐな毅然とした態度に感心し、出会う人たちを惹きつけてしまう。
誰からも愛される性格の菜々。

思うわぬかたちで仇討ちを果たす機会を得て、見事に自分の思いを遂げる。
が・・・・命を奪うことはしない。
う~ん、これも良かった!

物語に出てくる蛍草は、露草の別名なんですね~。
表紙の花の絵も素敵です。

今回もジ~ンと胸に響く良い作品でした。


★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ひろさんへ
ラジオドラマで蛍草ですか?
知りませんでした!!
嬉しい情報、ありがとうございますヽ(^o^)丿
次回から聞かせていただきます!
録音して、ひとりのときにじっくり聞こう(泣こう)!
kyoko 2013/05/30(Thu)21:34:38 編集
ラジオドラマ「蛍草」
NHKラジオ「新日曜名作座」日曜日19時20分から「蛍草」を放送しています。6月30日まで全6回です。また泣かせていただきます。
ひろ 2013/05/30(Thu)09:07:44 編集
ひろさんへ
さすが、最新作を読まれるのが早いですね!
わたしは、「おもかげ橋」も「春風伝」もまだ手元に届きません。
人気作家さんなので、図書館の列も長いようです。

こちらの作品も読むのが楽しみです♪

いつもコメントありがとうございますm(__)m
また何か情報ありましたら、お知らせくださいね~(^^♪
kyoko 2013/05/13(Mon)19:50:17 編集
ハムリン最新作「陽炎の門」
「陽炎の門」読了しました。舞台は豊後、主人公の奥方の名前は由布(大分の地名)、現在岩手県で映画撮影中の名作「蜩ノ記」の舞台も豊後(大分)。本当にハムリン先生は大分がお好きなようです。最新作もそこそこ楽しめます。武家社会をサラリーマン社会に置き換えるといいかもしれません。
ひろ 2013/05/13(Mon)11:15:54 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]