忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1006]  [1005]  [1004]  [1003]  [1002]  [1001]  [1000]  [999]  [998]  [997]  [996
51ZqjHrPJEL__SX230_.jpg    発行年月:2012年11月


    国を越えた人の絆を描く感動長編

    台湾新幹線の着工から開業までの巨大プロジェクトに、
    商社員や整備士、湾生の老人など、
    個人のドラマを重ねて描いた著者の渾身作


                         (文藝春秋HPより)



台湾に日本の新幹線を走らせる。
そのプロジェクトに参加するため日本から赴任した入社4年目の多田春香。
日本の残した恋人・繁之も応援してくれていた。
春香には学生時代、台湾で出会った青年との思い出がずっと頭のなかに残っている。

物語には、ほかの人物の過去と現在を描いた話も織り交ぜられる。
かつて台湾に暮らしていた多くの日本人が居た時代、知り合ったふたりの男性。
戦争後、台湾から日本に帰国した葉山勝一郎。
妻は病気療養の末、亡くなったが、台湾に新幹線が開通したら一緒に行こうと約束していた。

日本人と台湾人の交流が、温かい感動を与えてくれる物語でした。

台湾って日本人にとって過ごしやすい国なのかな?
ちょっと興味が沸いてきました。

出てくる食べ物もすごく美味しそうだったし・・・・笑


他所の国の人と、こんな風に信頼し合える関係はいいなぁ~。

登場人物たち、それぞれが、これから生きていく方向をみつけていくラストが良かった。

450頁弱の長編ですが、スラスラ読めました。



 

★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]