忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[991]  [990]  [989]  [988]  [987]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [981
51V0N3fyG8L__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2012年9月
 

ひたすらに"母"をさすらう女の物語…。

母のない子持ちやもめの家庭を転々と渡り歩く広美。
短いときは数か月、長くとも数年、トラック運転手や遠洋漁業、
家を長く空ける父子家庭の母親役をして、
家庭が軌道にのると人知れず去っていく。
それは、母性が有り余っているのか、母性がぶっ壊れているのか、
子供にとっては女神でもあり、突然姿を消す残酷な悪魔でもある。

すばる文学賞受賞作家が挑む、初の長編エンターテインメント!


                                       (光文社HPより)


なかなか面白い物語でした!
各地を転々としながら、子持ちの男やもめの家に自然な形で転がり込む広美。

食堂の店員、飲み屋のママなど職業も変えながら、そこで知り合った男性の家に自然と馴染んでいく。
どの男性も妻に先立たれたり、出奔したりと子どもを抱えた生活に、やや疲れが出ている。
そんなとき、自分のためというより、子どもの為に何かと世話を焼いてくれる女性の出現は嬉しい。
広美は、子どもにもすぐに懐かれ、母親が恋しい子どもには、なくてはならない存在になっていく。
でも、ある日、突然、姿を消す。

そしてまた違う土地で別の父子に遭遇し・・・・・の繰り返し。
そんな暮らしを続ける広美の正体は?

物語は、そんな広美と幼い頃、一緒に暮らした青年・祐理が再び広美に出会った話を挟みながら進む。
祐理のほかにも、広美に幼い時、面倒を見てもらった若者たち、美奈子と秋夫も現れ、みなで広美に会いにいく。
誰が尋ねて来ても、大げさに歓迎することはないけれど、食事を一緒にしたり、普通に招き入れてくれる広美。
不思議な人。

ラストは、広美は、再び青年たちの前から姿を消し、最初の話の土地に現れ、そこで共に暮らした男性と再会する。
そのとき、世話をした幼かった子どもたちは成人し、家庭を持ち独立したらしい。

ずっと気になっていた広美の過去も少しわかった。
辛い経験があったんだなぁ~と思うと、なんだか切なくなって、もう転々とせずに
一箇所で幸せに暮らして欲しいなぁ~なんて思った。

表題のウエスタンって、なんだろ?と考えたけど
西部劇のさすらいのガンマンみたいなかんじかな?
目的が達成されたら、去っていくかんじのイメ-ジ?

不思議な物語だけど、何となくじ~んとした。


                                        ★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]