忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928]  [927]  [926]  [925
41dvXA12SLL__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2012年8月
 


何があっても、愛妻家を貫こう──波瀾万丈の国際結婚を描く、傑作長編!

イタリア人のファブリは、大阪生まれの和泉と出会い、恋に落ち結婚する。せっかちでドライな和泉と、どことなく要領が悪く、ロマンチストなファブリ。「大阪人vsイタリア人」とも言える二人は、惹かれ合ったり反発し合ったりしながら、日々を送り、やがて子供も生れる。爆笑の中で、夫婦、家族、日本を問う、新鮮な、書き下ろし長編。

                                        (新潮社HPより)


著者はスイス生まれ。
日本の大学に編入学して、卒業後はテレビ朝日初の外国籍社員となり記者兼ディデクタ-として働いた経歴の持ち主。
1996年に、すばる文学賞受賞、芥川賞候補になった「いちげんさん」は読みましたが、外国の方が書いた文章とは思えない素晴らしい作品だった!
それは、純文学の雰囲気だったのですが、こちらはそれに比べると軽いかんじで
なかなか面白かった。

イタリア人のファブリと日本人の和泉の物語。
二人は結婚前に偶然、飛行機のなかで出会っていて・・・・

その後、ファブリがロ-マ大学を卒業し、日本の大学に編入して経済を学び、大手飲料メ-カ-に就職後、うっかりビザの期限が切れていることに気づき、慌てて入国管理局に飛び込むところで二人は再会。

和泉は法務省 入国管理事務所で働いていた。

5日間の不法滞在のわけを説明するファブリとその面接相手の和泉の会話が面白い。

お役所仕事を淡々とこなす和泉の言葉は冷たい。
けれど、お互い一度、会っているとうことで何か通じるものをかんじ・・・
ファブリが和泉の仕事が終わるのを待ち伏せして、食事に誘う。
そのときの和泉の返事が可笑しかった!
「公務員を接待するということですか?収賄罪すれすれの危険なお誘いですよ」。

それでもめげないファブリが可愛い(^^)

なかば諦めていたところに和泉から連絡があり二人の初デイト♪

その後、結婚しするのだけど、二人の関係は和泉が主導権を握ってるかんじ。
ちょっと妻が強すぎるかんじなんだけど、まあ、なんとかうまくいく夫婦。
子どもも次々生まれて・・・・

ちょっとした危機も訪れるけれど、二人は乗り越えていく。

イタリア人と日本人カップルだけど、日本人同士のカップルと何ら変わらないかんじの日々。

内容としては、まあまあでした。
でも、前にも書いたけど、外国の人が日本語でこれを書いたというのは凄いなと思う。

「いちげんさん」後の著者のほかの作品も読んでみよう。


                                       ★★★




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]