忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[878]  [877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871]  [870]  [869]  [868
32756439.jpg   発行年月:2012年5月


  小学校四年生のさよは、母親と二人暮らし。離婚した父とは、以来、会っていない。ある日、町の図書館で『七夜物語』という不思議な本にふれ、物語世界に導かれたかように、同級生の仄田くんと共に『七夜物語』の世界へと迷い込んでゆく。大ネズミ・グリクレルとの出会い、眠りの誘惑、若かりし両親、うつくしいこどもたち、生まれたばかりのちびエンピツ、光と影との戦い……七つの夜をくぐりぬけた二人の冒険の行く先は? 著者初の長編ファンタジー。


                                    (朝日新聞出版HPより)


下巻も面白かった。
5つ目の夜のつづきからスタ-ト。

体を小さくしての二人の冒険。
いろいろなモノたちが登場。
言葉を話すエンピツたち、チョ-クたち、サヒワレスプ-ンたち。
それは自分たちが昼間過ごす小学校のなかでもよく見るモノたち。

モノたちの言葉が印象的でした。
・・・・・おまえたちは自分のものを自分と同じくらいに大事にすることなど決してできない・・・・・・

その言葉を黙って聞いたあと仄田くんの言う言葉もなかなか良かった。
・・・・・自分と同じように大事になんて、できない。でも、それだからといって、大事に思ってないわけじゃないんだ。できるだけ大事にしたいんだ・・・・・・」

昼間の世界ではか弱いかんじの仄田くんがどんどん頼もしくなっていく様子が良かったな・・。

そして、最後の夜が終わって・・・・・
物語のおしまいには、さよと仄田くん、ほかのクラスメイトたちが大人になった様子も少し書かれていて
嬉しかった♪

仄田くんもさよも、二人で過ごした夜の世界の経験を活かして立派な大人になったんだろうな~。


下巻の、挿絵も素敵でした!

★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]