忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2239]  [2238]  [2237]  [2236]  [2235]  [2234]  [2233]  [2232]  [2231]  [2230]  [2229



発行年月:2019年4月


 出会ってはいけない二人が出会ったとき、世界の均衡は崩れ、物語は暴走する――【時代をまたいで疾走する、エンターテインメント小説2篇! 】我が家の嫁姑の争いは、米ソ冷戦よりも恐ろしい。バブルに浮かれる昭和後期の日本。一見、どこにでもある平凡な家庭の北山家だったが、ある日、嫁は姑の過去に大きな疑念を抱くようになり......。(「シーソーモンスター」)突然、僕は巻き込まれてしまった。時空を越えた争いに――。舞台は2050年の日本。ある天才エンジニアが遺した手紙を握り締め、彼の旧友と配達人が、見えない敵の暴走を前に奮闘する! (「スピンモンスター」)

                    (中公公論新社HPより)



<シーソーモンスター>は、嫁と姑の対峙。
でも、こちらは、共通の敵が現れたときに最強になった!

嫁・北山宮子と姑・北山セツ。


二つ目の話<スピンモンスター>では
人工知能開発者とそれに敵対するもの。
こちらは敵がよくわからないままだったけれど、そこに巻き込まれた
水戸直正と檜山景虎。
2人は、二台の車の事故による、お互いが生き残り。
高校で再会するが、近づきがたい存在として意識していて、それがまた
大人になって再会。
水戸は、配達屋。檜山は警察官。

そして、水戸は檜山に追われることに。


似た者同士でも、敵対することになってしまった者たちの話。

スピンモンスターで、北山宮子が登場。
水戸が子どもの頃から愛読していた絵本「アイムマイマイ」の作者のひとり。
作者は、せつみやこ。

絵をセツが描いて文は宮子。
2人が共作で絵本を出版していたと知って、なんだか嬉しくなった。
宮子の息子も大活躍!


スピンモンスターの水戸と檜山も、親友になれたらいいな~。


螺旋プロジェクトん企画で色々な作家が色々な時代を描く物語、
これは昭和と現代。
次はずっと昔の物語を読んでみるつもり。



                           ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 10 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]