忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2236]  [2235]  [2234]  [2233]  [2232]  [2231]  [2230]  [2229]  [2228]  [2227]  [2226



発行年月:2019年4月


 あなたはまるで、人の死を自分の幸福に変えて生きているようだ
城石明音は先天性の心疾患を患っていた。8歳の時に病状が悪化し、両親は渡米しての心臓移植手術を決断する。しかし、そのためには1億5千万円という莫大な費用が必要だった。懸命の募金活動の末、募金額は目標額を越え、明音はチャーター機でアメリカに渡った。幸いドナーも見つかり、手術も無事に成功し、明音は一命を取り留めた。誰もが明音の生を祝福しているかのようだった。このときまでは――。

                      (光文社HPより)





アメリカに渡り、心臓移植を受け、助かった明音の命。

その先に待っていたのは、あまりにも過酷な日常。

想像しなかった。
こんなこと、実際もあるんでしょうね。

渡米費用が用意出来ず、移植されることもなく失われた若葉の命。

助けることが出来なかった若葉の母親は、明音の存在を妬み、攻撃する。
そして、そのことによって、明音に向ける周囲の眼が変わってしまう。


なんとも辛い話だった。

募金を募り、公に晒される患者家族。
その後の経過も含め、プライバシーが晒されることになる。

大人になって、やっと幸せが訪れるかと思ったのに・・・どこまでも不運が
やってくる。


なんか、色々、考えさせられた。
自分が若葉の親だったら?
明音の親だったら?

ず~んと重たいものを残したまま、終わるけれど、読んで良かったと思う。
今まで気付かなかったことを教えて貰えたかんじ。


                         ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]