忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2235]  [2234]  [2233]  [2232]  [2231]  [2230]  [2229]  [2228]  [2227]  [2226]  [2225



発行年月:2018年10月


 『ガリレオ、再始動!』
シリーズとしては、6年ぶりの単行本が、長篇書下ろしとして堂々の発売!

容疑者は彼女を愛したふつうの人々。
哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

第一作『探偵ガリレオ』の刊行から二十年――。
シリーズ第九作として、前人未踏の傑作が誕生した。

                     (文藝春秋HPより)


久しぶりのガリレオシリーズ。
湯川教授が出て来ると福山雅治の顔が浮かんじゃうけれど・・・^^;


事件は、嫌なもの。
少女を誘拐し監禁ののち殺害。
色々な証拠は挙がるものの犯人と確定できるものまでは出て来ず
容疑者の男・蓮沼は裁判では無罪。

そして、再び、似たような事件。
被害者は、19歳の並木佐織。食堂の手伝いもし、常連客たちからも
可愛がられていた。
蓮沼は被害者の両親が経営する食堂に平気で現れる。

一旦は、捕まるがまたしても証拠不十分で釈放。



そんな蓮沼が遺体で発見される。



被害者家族の気持ちや、その周りの被害者をよく知る者たちの気持ちに共感しながら
読んでいた。
途中、事件の真相がわかった時はやや驚いたけど
最後は、納得。


最初から最後まで、読み続けさせる東野さんは、やはりさすが!

湯川教授も相変わらず良いです!



                           ★★★★



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]