忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
7479d37c.jpg発行年月:2008年11月


「ごんぎつね」「おじいさんのランプ」の作家・新美南吉の
魂からこんこんと溢れ出た詩・厳選126篇

    
               (本の帯文より)




著者解説(本より)・・・1913年、愛知県半田市に生まれる。1932年、東京外国語学校(現・東京外国語大学)に入学。この年、童話雑誌「赤い鳥」に「ごんぎつね」が掲載される。
1936年、東京土産品協会に勤めるも、喀血のため帰郷。
代用教員を経て、安城高等女学校の教諭となる。
1943年、30歳の誕生日を目前にして、結核により逝去。
作品が認められたのは、死後10年以上経ってからである。


「ごんぎつね」や「てぶくろを買いに」は、小学校の国語の教科書にも載っていて、子ども達にも広く知られている童話ですね。
温かくて、ちょっと切ないお話。

新美南吉さんの名前は知っていても、詩集は読んだ記憶がなく、丁度、図書館で見つけて手に取りパラパラと数篇を読んで、じっくり読みたくなり借りてきました。

沢山の詩がありますが、優しい人柄が伝わってくるような詩です。

著者の写真も載っていて、お顔を初めて知りました。
なかなかステキです。

愛知県の出身なんですね。
そして、地元には、記念館もあるそうで、そんなに遠くないので、行ってみたいな~
なんて思いました。


      新美南吉記念館のHPは・・・こちら  



 
★★★★★
 



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]