忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1683]  [1682]  [1681]  [1680]  [1679]  [1678]  [1677]  [1676]  [1675]  [1674]  [1673



発行年月:2015年11月


 人気の女性作家9名が贈る書き下ろし短篇! 小説

柴田よしき・大崎梢・光原百合・福田和代・松村比呂美・近藤史恵・永嶋恵美・篠田真由美・新津きよみ。作家発! 『捨てる』小説集。

                   (文藝春秋HPより)



9名の女性作家によるアンソロジー「捨てる」をテーマにした短編がずらり。
どの話も面白かった!!
しかし、柴田よしきさんって女性だったの!?
ここで初めて知りました^^;

<箱の中身は   大崎 梢>
ママが中身を捨てて来るまで帰って来ちゃだめと言われた女の子に出会った真琴。

ほんわか温かい気持ちにさせてくれた。


<蜜腺   村松比呂美>
夫が練炭自殺した。母親の借金を清算するために。
夫が大切にしていたウツボカズラを少しずつ処分する。

嫌な話でした。姑とのやり取りは怖い。


<捨ててもらっていいですか?   福田和代>
92歳で他界した母方の祖父の遺品整理を母とする朱里。
突然出てきた拳銃に驚く。

処理に困るものは早いとこ処分しておかなきゃね。


<forget me not    篠田真由美>
母が遺した壺。
捨てられずにとあるお店に持ち込み処分をお願いするけれど・・・

こういう物実際、出て来たらどうするかな?


<四つの掌編   光原百合>
。戻る人形
。ツバメたち
。バー・スイートメモリーへようこそ
。夢捨て場

初読みの作家さんでしたが、なかなか面白い趣向でした。
ツバメたちは幸福の王子のツバメを知るツバメが語る。


<お守り   新津きよみ>
子どもの頃に大好きな祖母から貰った手作りのお守り。
ずっとそれに守られてきたけれど、ある日、中身が変わった?

わたしだったら捨てないな・・・と思った。


<ババ抜き   永嶋恵美>
会社の恒例の旅行に参加したのは、わずか3名の女性。
会社の保養所内でトランプで遊ぶことに。負けたら罰ゲームで
秘密を暴露しようと決める。

ああ、嫌な女性同士。このあとどうなるんだろ?怖いわ~


<幸せのお手本   近藤史恵>
両親が中学の頃、離婚し、父方の祖父母宅で17歳まで暮らした。
幸せのお手本は祖父母の暮らしだった。

これは衝撃的でした!ずっと信じていたものが崩れるって哀しい。


<花子さんと捨てられた白い花の冒険    柴田よしき>
花子はパンジーの花が好き。
偶然、特に好きな白のパンジーを捨てようとしていた男性を見かけ
譲って貰う。男性の妻が花を育てているけけれど、狭いところなので
もうすぐ終わりの花を捨ててほしいと頼まれたと。

優しそうに見えた男性がまさかそんな人だったとは!
しかし、身近にそんな風にしている人がいるかもって思ったら恐ろしい。



ササ~ッと読めて面白い。
アンソロジー第二段も期待したいです(^^)

                          ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]