忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1680]  [1679]  [1678]  [1677]  [1676]  [1675]  [1674]  [1673]  [1672]  [1671]  [1670



発行年月:2015年7月


 好きなサッカー部も辞めてしまった中2の加奈太。最近、息子の気持ちが掴めない征人。夏休み、そんな父子が征人の故郷の島にやって来た。加奈太はキャンプで出会った子供達と交流を深める。30年前の夏、中2の征人。父親が漁から戻らない。息子と父親、そしてかつて少年だった父親の視点で交互に描く、青春&家族小説の感動傑作!

                  (双葉社HPより)




主人公は桐山加奈太14歳。
両親は離婚して、加奈太は児童文学作家の父親・征人と東京で暮らす。

夏休み、征人の故郷の南の島・天徳島へ2人で向かう。
征人の幼馴染・孝俊の勧めで孝俊が世話役を務めるミステリーキャンプに
参加することを決める加奈太。
4泊5日のキャンプで色々なことを体験しながらの話。
そこに30年前14歳だった征人の話が挟まれながら物語が進む。


加奈太がキャンプで出会った5人のうち3人は現役のサッカー部ということで
自然にその3人がかたまり、加奈太は、太目の圀光とメガネの見楽留と親しくなり
3対3で別れて行動。
サッカー部の3人は加奈太たちをバカにしたり嫌がらせをしたりで
態度が悪い。嫌な奴らという印象。

最初は、サッカー部組たちとギクシャクしていた関係がテントキャンプを
するうちに仲良くなっていく様が楽しかった。
圀光が本当に優しくていい子(^^)


征人の14歳の頃の話は、父親を海で亡くした辛い話などあって
ややしんみりしましたが、島の伝説、キミジナーとドウヤーギーの話は
興味深かった。



短い時間でも6人はそれぞれを友達と認めることが出来たのは素晴らしい!
大人になってもこの思い出はそれぞれが大事にするんだろうな~。


これもまた楽しい青春小説でした!

       

                      ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]