忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1679]  [1678]  [1677]  [1676]  [1675]  [1674]  [1673]  [1672]  [1671]  [1670]  [1669



発行年月:2015年11月


誰のことより、自分のことが分からない

野球部を引退したばかりの渓哉は未来を前に立ち竦んでいた。
モラトリアムの季節を前にした高校生の逡巡を丹念に描く、傑作青春小説。

                   (文藝春秋HPより)



岡山県の高校3年生(岡山は著者の故郷ですね)。
真中渓哉、津中実紀、深野栄美が主な登場人物。

実紀と栄美ははとこ。
渓哉と実紀は、野球部をこの夏の県大会2回戦敗退後で引退したところ。

栄美の家は湯郷でも老舗の1件「みその苑」を経営する。
実紀は渓哉を誘って、栄美の家が経営する「みその苑」の湯に度々、浸かりにいく。
夕飯もご馳走になること多々。

そして、見慣れない女性・青江里香と知り合う渓哉と実紀。

会いたい人に会いに来たと言う・・・それは渓哉の兄・淳也だった。


進路問題、恋愛事情、悩み多き青春時代を爽やかに描いた物語でした!

世の中、こんな爽やかな高校生ばかりだったらいいなぁ~。

表題通りの清涼感溢れる、あさのさんお得意の青春物語でした(^^)


                         ★★★★★



 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]