忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1656]  [1655]  [1654]  [1653]  [1652]  [1651]  [1650]  [1649]  [1648]  [1647]  [1646



発行年月:2015年5月


 外資製薬会社に身を置く凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。ある博士の捜索を依頼されてT共和国にやってきたが、博士は殺されてしまう。一方、この国では全身を黒い苔で覆われて死んだ人間がいるらしい。ビジネスで滞在中のかつての恋人・橘は不穏な行動を見せる。恵弥が想像だにしない、これらの背景に存在するものとは――?

                   (双葉社HPより)




これシリーズ物だったんだぁ~!と
巻末にあった本の紹介で知った!
第一作は「MAZE」 二作目は「クレオパトラの夢」だとか。


でも、これ1冊でも楽しめました。
殺人事件とか起きて、いろいろな謎もどんどん膨らむんだけど
結局、あることを隠すために仕組まれたことだったんだね~。

主人公の神原恵弥の男性なのに女言葉を使うっていうのが最初から凄く興味深くて、
その元恋人・橘浩文やら、同じく高校からの友・時枝満という3人の独身男の
絡みがまた不思議なかんじで妙に楽しかった。

内容は結構、重厚なかんじの医療系ミステリーなんだけど
登場人物たちのキャラが魅力的で、謎の真相を追うよりも彼らの会話を
最後まで楽しんじゃったかんじ。

舞台がトルコのイスタンブールだったりするのも
何かエキゾチックな雰囲気でミステリー色を煽ってたかんじ。

こういう背景の設定はサスガだなぁ~。
ミステリーとしては???だったけど、そのほかの部分で楽しんで読めたから
満足(^^)


前2作品も読んでみたいな。


                      ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]