忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1659]  [1658]  [1657]  [1656]  [1655]  [1654]  [1653]  [1652]  [1651]  [1650]  [1649



発行年月:2012年4月

累計30万部を超す著者の家族小説シリーズ、第五弾。ひと月前に再婚した夫には女の子の連れ子がいる。まださん付けで呼ばれる私は授業参観の日が近づき、遠慮と希望が入り交じった複雑な気持ちになる。そして母の日が来て……。「ピンクのカーネーション」など、親子のあり方を見つめる8編。 

                  (双葉社HPより)



色々な家族の話が8編。
どの話もよかった。


<父ちゃんとホットドッグ>
お酒が入ると暴れた父親のことが嫌いでずっと距離を取ってきた。
父が入院したと知り気が進まないけれど見舞いに行き、幼いとき一緒に
ホットドッグを食べた思い出話を父から聞く。

嫌いな父親だったけれど、良い思い出もあったんだと気づけてよかった。


<ピンクのカーネーション>
夫の連れ子の小学2年生の早紀との関わり方に悩む離婚歴ありの由貴。
夫の都合がつかず参観会に1人で向かう

由貴の気持ちを考えたら最後のピンクのカーネーションは最高のプレゼント
だったでしょうね~。
これから新しい家族の絆が結ばれそう。


<七夕生まれ>
ママ友たち4人で旅行を楽しむ。

主婦の誕生日なんてこんなものだろうなぁ~。
確かに一人家族から離れてのびのび楽しむは、最高かも^m^


<だめもと>
単身赴任でタイに3年間住むことになるかも?という状況で
高2と中2の娘二人と旅行する父親。

父親と娘の関係が上手く表されていた。


<裏窓の食卓>
妻を亡くし、マンションを引っ越す。
味気ない食卓だったが、窓を開けると聞こえる何処かの家族の
食事の会話を楽しみながら食事を摂るのが日課に。

なんだか侘しい気持ちになった。
娘さんとの関係が修復しますように・・・・


<埋め合わせ>
家が開業医だったので、父の言いなりで医者になった。
特に自分の志もなく・・・

ふと会話した人から言われた言葉で、自分の生き方を見直すっていい。


<ぶかっこうなおにぎり>
長野の実家から父が出張で上京。マンションに泊まることに。
やや気が重いながらも父と夕方待ち合わせをし、居酒屋で夕食をして
マンションへ。
小学生のときの運動会のお弁当の思い出。
朝起きると父は家を出た後で、おにぎりがラップに包まれて手紙と一緒に
置かれていた。

う~ん。これも泣けたな。
父親の優しさがいい(/_;)


<サンタ失格>
妻と別居して3か月。
小学2年の息子から電話で「サンタさんは絶対いるよね?」と聞かれる。
クリスマス、プレゼントを持ってこっそり家に行く。

別居解消かな?
最後の話がハッピーになれそうなもので良かった♪



家族シリーズ、あまり読んでないので、他のもまた読んでみよう。
森さんって男性だったんだ~とあとがきで気づいた(笑)。


                           ★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]