忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1608]  [1607]  [1606]  [1605]  [1604]  [1603]  [1602]  [1601]  [1600]  [1599]  [1598



発行年月:2015年1月


 心に鍵をかけて悪い癖を封じれば、幸せになれるかな? いや、それではダメ――。

新婚旅行から戻って、はじめて夫との食の嗜好の違いに気づき、しかしなんとか自分の料理を食べさせようと苦悶する中で、摂食障害の症状が出てきてしまう女性を描いた表題作他、DV男ばかり好きになる女性、マスクなしでは人前に出られなくなった男性など、シニカルにクールに、現代人を心の闇から解放する荻原浩の真骨頂。

                   (新潮社HPより)



8編から成る短編集。

<ヒット・アンド・アウェイ>
2歳の娘を連れ離婚後、一緒に暮らし始めた男も女を殴る男だった。
ボクシングジムに通って夫の暴力に対抗しようと計画する。

最後の場面は、爽快だったぁ~!


<冷蔵庫を抱きしめて>
新婚旅行から帰り食事を用意するたび、夫の好みが自分と全く違うことに戸惑う。
そして、そんなストレスからか、かつての過食に走ってしまう。

理解ある夫で良かった!食事の好みの違いなんてなんとかなるでしょ?


<アナザーフェイス>
自分にそっくりの人間が居るらしく、とうとう自分そのもの?と思える事実も。

これはSFの世界だな。途中まで面白く読んでいたけど怖い。


<顔も見たくないのに>
浮気性の彼と別れたけれど、その後、彼はイケメン芸人としてデビュー。
1年ほどでテレビから消えたけど、連絡があり・・・

これは可笑しかった!最後の言葉が最高!


<マスク>
風邪をひきマスクをしたら、その意外な効用にすっかりはまる。
けれど、今度はマスクを外せなくなり・・・

ちょっと切ないな。


<カメレオンの地色>
人に嫌われないことだけに気を付けて生きて来た。
自分が本当は何色だったのかもわからなくなった。

思い出した中学時代の遼介と連絡がつくといいのにね。


<それは言わない約束でしょう>
自分が心のなかで言ったことが漏れてしまうことに気づく。
接客の場で、上司との会話で、相手に対して暴言に当たることばを吐いてしまう
らしい。

最後はどうする?と思ったら、開き直りでしたね^^;
でもそれ正解かも!
表裏がない毒舌な人というキャラ成立?


<エンドロールは最後まで>
結婚しない女として生きようと決めた途端に知り合った男は、理想的。
でも、医者だと思ったら違う職業だった。

勝手に思い込んだだけで彼が悪いわけでもないかもね~。
自分が納得できるまで見極めたらいいんじゃないかな?
最後は幸せになって欲しい。


主人公たちが前向きな姿勢なのがよかった。
ただし、<アナザーフェイス>だけは、ちょっと異質か?
ササ~ッと軽く読みました♪


                         ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]