忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
bf85488a.jpg発行年月:2009年3月


開業医として働く月川夏子は、大手出版社社長の智之と結婚して7年。
夫の前では、愛されるしっかり者の妻を、智之と亡き先妻との娘・りえの前ではおおらかな継母として頑張ってきた。
しかし、ある日、りえの親友の兄という青年・旬に出会い、自らの心の中を見つめ直すことになる。
読売新聞掲載小説



結構、厚い本でしたが、読み始めたら一気に読み終えました。
主人公の夏子は45歳。
先妻との娘・りえは大学院生で、婚約者がいる。

娘が婚約者と、最近仲良くなった女友だちとその兄を連れて家で家族が集まる場面からスタ-トする物語。
たわいもない楽しい会食のなかで、ちょっと変わった雰囲気を漂わせる娘の親友の兄・旬。
美しい容姿だが、どこか寂しげな影のようなものを感じる。

予想どおり、この物語はやがて、旬と夏子の関係に焦点が置かれて行くわけだけど、その周りの家族にもやや不穏な展開が・・・・。

旬という青年の育った生い立ちには、切ないものがあり、自分の中にどこか空虚感を抱いている。
夏子は、当初、そんな旬の様子に警戒感を持つが、言葉を交わすうち、自分のなかにある封じ込めていたような思いに気づかされた様子。

夫の亡くなった先妻と、その娘の存在。
自分の家庭でありながら、どこか自分の本当の居場所とは違うような違和感を時々、感じること。
そんな気持ちを旬には見透かされているような恐れ。

旬の起こす行動は、途中から異常なものになるけど、それも本人にとっては、切実な対処方法だったのか?と考えると、ちょっと母性本能を刺激されちゃう面もあったり・・・。

夏子と同年代のわたしには、彼女の行動などが理解出来るものであったので、最初から最後まで感情移入しちゃいました^^;

でも、今回のお話は、新聞の連載小説だったせいか、性描写はとても控えめ。
それもかえって良かった!


★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]