忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1231]  [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221



発行年月:2013年10月

待望の初エッセイ集!
――“宮下奈都”を形作るもの、すべてがここにある――

迷いながらも真摯に生きる登場人物の姿を、瑞々しい文章で丁寧にすくいあげる作風で、初の単行本『スコーレNo.4』刊行以来、静かな、けれども熱い視線を注がれ続けてきた著者。3作目の単行本『よろこびの歌』では、登場人物たちの成長が共感と注目を集め、シリーズ化を望む声に応え2012年に続編『終わらない歌』が上梓された。2011年刊行の『誰かが足りない』が2012年本屋大賞の第7位に選出されるなど、書店員からの熱い支持を受け、新作を待望される気鋭作家のひとりである。

単独の著書として10冊目にあたり、『終わらない歌』以来1年ぶりとなる本書は、著者初のエッセイ集。小説を書く理由、自著の創作秘話、三人の子供たちを愛おしむ日々、大好きな本や音楽と共にある暮らし……。2004年の作家デビュー以来9年間で紡がれたエッセイ81編と、単行本初収録となる掌編小説4編を収める、宮下ファン必携、極上の一冊の誕生だ!
 
                  (実業之日本社HPより)


初めてのエッセイだったんですね~。
小説はいくつも読んで、すごく好きな作家さんの一人。

作家デビューは、37歳で、三番目のお子さんが生まれて間もなくだったんですね~。
結構、大変な時期なのに、だからこそ、書きたいと思ったんでしょうか?

お子さんたちの話も興味深く読みました。
けれど、ご主人との出会いが小説になりそうなくらいステキです!!

付き合っているときに渡したバレンタインのチョコレートを20年経って、
思わぬ形で再び目にした宮下さん。
笑っちゃいました~^m^
ステキだなぁ~。


エッセイの間に出てくる掌編小説4編も、それぞれ良かった!
短いお話なのに、どれも温かい気持ちになれました。

<オムライス>
母子家庭の男の子が公園で拾った本に載っていたオムライスの作り方を
真似て母親のために、作るオムライス。

<あしたの風>
総合病院の会計窓口で知り合った老紳士。
娘の名前と亡くなった妹さんが同じ名前だという。

<ちゅうちゅう>
ちゅちゅうが怖いから幼稚園に行きたくないという妹を同じ幼稚園に通う
お兄ちゃんが懸命になだめる。

<サンタクロースの息子>
サンタクロースになるために家を出た夫。
そしてクリスマスの日、サンタになったお父さんが息子の元へ。


また、こんなエッセイ書いてほしいなぁ~。
ああ、楽しかった(^^)


                          ★★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]