忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[860]  [859]  [858]  [857]  [856]  [855]  [854]  [853]  [852]  [851]  [850
514NuYCHZUL__SX230_.jpg   発行年月:2012年3月


   追われた男はなぜ帰ってきたのか? 新・直木賞作家の心揺さぶる時代長編!


かつて一刀流道場の四天王の一人と謳われた新兵衛が、18年ぶりに山国の小藩に帰郷した。居候として迎えることになった若き藩士・藤吾は、迷惑なことと眉をひそめるが、やがて藩の不正をめぐる権力抗争が表面化する。

                              (角川書店HPより)



わたしのなかでは、今、一番好きな作家さんかも!!
今回の話もよかったぁ~。

冒頭のシ-ンから、感動してました。


地蔵院の庫裏に住む夫婦の会話・・・新兵衛と妻・篠のお互いを慈しむ様子が美しい。
妻・篠は病床の身。自身の命が短いことを知って、夫・新兵衛に頼みごとをする。
そして、新兵衛が、妻の頼みごとを受けて妻の死後、かつて暮らしていた土地に帰る。


18年前に藩の上役の不正を訴え藩を追放された伯父が帰郷したことに対して、新兵衛の甥・坂下藤吾は、当惑するが、母・里美は新兵衛を温かく家に迎え入れる。
里美は新兵衛の妻の妹。

藩に歯向かうことは自身の出世の妨げになると思いながらも抗争の渦に飲まれていく藤吾。
危ない目に遭うたび助けてくれるのは新兵衛。


新兵衛は若い頃、平山道場の四天王であった。
ほかに榊原才女、篠原三右衛門、坂下源之進。

源之進は藤吾の父であり、才女は藤吾が憧れる人物である。
才女の父・榊原平蔵は何者かに暗殺された。
藤吾の父・源之進は自害。
そして、新兵衛の妻・篠は、かつて才女の元に嫁ぐ寸前であった。


気になることが次から次へと出てきて、それぞれの真相は?と気になる気になる。


そのひとつひとつの疑問が少しずつ明かされていく面白さ。

いろいろな抗争のなかで非業の死を遂げる者もあり痛ましい部分もあったけれど、篠を巡っての才女と新兵衛の確執のようなものが解かれた終盤の二人の対峙する場面は感動した。
そして才女の一生を思うと、哀しい。

才女の母(実際は養母)の滋野も嫌な人だなと思って読んでいたけれど、本心みたいなものを知ったら哀れに思えた。

万事幸せとは行かない物語だけど、そんな状況のなかでも人を大切に想う気持ちの強さが伝わり、染入る感動があった。

ただ、最初は疎ましい存在と想っていた伯父・新兵衛を藤吾が頼りにし、里美も姉に代わり、新兵衛を愛おしく感じるラストは温かいものを感じた。

でも、再び、出て行ってしまうとは・・・・・・新兵衛ってどこまでも頑な人だな・・・・・格好いいけど・・・。


今回も十分に楽しませて貰いました♪


あ~早く、「蜩ノ記」読みたいなぁ~
まだ図書館本の順番待ちなのです・・・・^^;


★★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ひろさんへ
お知らせいただきありがとうございます!!
図書館にダッシュですね!
kyoko 2012/07/23(Mon)14:54:37 編集
図書館へ
ハムリン最新作、博多を舞台にした「千鳥舞う」が上梓されました。今度も泣けそうです。図書館へお急ぎ下さい。
ひろ 2012/07/23(Mon)11:55:53 編集
ひろさんへ
「柚子の花咲く」と「川あかり」ですね・・( ..)φメモ
図書館で探してみます♪
読んだらまたこちらに書きますね。
まだまだ未読の作品が多いので、読むのが楽しみです(^^)
kyoko 2012/07/09(Mon)13:43:53 編集
次は
「蜩ノ記」はお楽しみにとっておくとして次は「柚子の花咲く」かハムリンには珍しくエンターテイメント要素タップリの「川あかり」など如何でしょうか。
ひろ 2012/07/09(Mon)09:10:49 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]