忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74
40b2aefd.jpg発行年月:2006年8月


恋人を弔うために東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。-------はずだった。
ところが、気づけば見慣れた金沢の街中にいる。
不可解な想いを胸に自宅に戻ると、存在しないはずの「姉」に出迎えられた。
どうやらここは、「僕の産まれなかった世界」らしい。

                        (本の解説文より)

軽快なかんじで書かれていますが、よく考えると重い状況。
崖下に転落し、「死」を覚悟した主人公・リョウ(高校1年生)が気が付いたら、見慣れた地元の街中に戻っていて、自宅に帰った先で、遭遇したのが自分の世界では存在しない「姉」。

お互いに、別の世界の第2子なんだと理解し、それぞれの家庭の状況や学校の友達関係のことなどを教えあう。
そんななかで、リョウは、自分のいる世界より、こちら側にいる皆が平和そうだと気づく。
ちょっとそれって、切ないなぁ~。

自分の世界では、事故で死んだ兄も、やはり事故で死んだ好きだった女の子も生きている。
両親の関係も、明らかに姉の存在している世界の方が、円満そう。

自分がいるより、姉がいるほうが良いということか?

表題の「ボトルネック」の意味も本文中にあったけど、ボトルネックは自分なのか!?
と、悩んじゃうリョウが気の毒。
救いがないじゃない!?可哀相過ぎる・・・・。


ラストはどうなる?と思ったら、元も自分の世界に戻るのだけど、この先どういう気持ちで生きていくんだろ?と想像したら、胸が痛くなっちゃった。
あまり後味よくないわ~。

話としては、なかなか面白いのだけど・・・・。

★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]