忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[593]  [592]  [591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583
419e61a8.jpg   発行年月:2011年2月

  ひそやかに、大胆に。世界をひっくり返し、
  真実をつくりかえてみせよう。
  彼女を、落胆させてはならない。

   開店して2年。店員は2人。「リサイクルショップ・カササギ」は、
   赤字経営を2年継続中の、ちいさな店だ。

   店長の華沙々木(カササギ)は、謎めいた事件があると、
   商売そっちのけで首を突っ込みたがるし、
副店長の日暮は、売り物にならないようなガラクタを高く買い取らされてばかり。

でも、しょっちゅう入り浸っている中学生の菜美は、
居心地がいいのか、なかなか帰ろうとしない----。
 
                                           (光文社HPより)


ほのぼの系の道尾作品は、今まで読んでなかったので新鮮なかんじで、なかなかこういうのもいいなぁ~(^^)

リサイクルショップ・カササギの店長・華沙々木と副店長・小暮のコンビが良い!
三浦しをんの「多々便利軒」を連想させるものもあったけど。
ま、こちらはリサイクルショップということで、少し違うかな?^^;

華沙々木と小暮ふたりの元に度々、来る中学1年生の南見菜美の存在が気になりながら読み進むと、どういう経緯で、このリサイクルショップに来るようになったかがわかる。
なるほど・・・。

春夏秋冬4つの季節の話があって、その一つ一つに謎めいた事が起きる。
そして、それを推理する華沙々木。
一応の推理は、なかなか良い線を行ってるのだけど・・・結局、その事実はその推理とは別のもの。
しかし、この当たらない推理もまた読んでいると楽しくて、2段構えの推理の様子はワクワク感が増した。

いつも小暮に品物を価値以上の値で売る黄豊寺の住職さんも最後には、ユ-モアもありとても優しい心の持ち主なんだとわかって嬉しかった!

読んでいると、楽しくて、まだまだ、続きを読みたい!と思わせてくれる。
続編をまた、暫くしたら書いて欲しいなぁ~。
ああ、でも今までの路線、ちょっとダ-クな物語も読みたいけれど・・・。

いろいろな物語を書ける作家さんなんだと再認識させてもらいました(^^)


★★★★

   
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ラブラブラッキ-さんへ
ほんと、これはシリ-ズ化して欲しいです♪
お寺の住職、最初は、「なんか変な人だな~」と思ったんだけどね~^^;
愉快な住職さんでしたね!

菜美ちゃんの家族の今後も気になったままなので、それも良い方向に向かうといいなぁ~。
kyoko 2011/06/13(Mon)08:34:38 編集
無題
こういうお話いいですよね。ぜひシリーズ化して欲しいです♪
お寺の住職がすごくお気に入りです。
ラブラブラッキー 2011/06/12(Sun)11:31:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]