忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507
1dae05d4.jpg発行年月:2010年8月


もっと我慢せず、自分のために生きればいい。

君川小麦は、26歳のパティシエール。東京での修行を終え、ケーキショップを開くため故郷の北伊豆に帰ってきた。小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には、叶夢(かなむ)という6歳の息子がいる。叶夢には、レイモンドという天使の友達がいるらしい。ケーキショップ開店のため小麦が見つけた店舗物件に対し、叶夢は「ここ、はやらないよ」「レイモンドがそう言ってる」と口にし、小麦、代二郎夫妻を戸惑わせる。しかし、結果は叶夢の言うとおりに…。さらに、帰京した小麦には家族にも明かせない秘密があった。君川家の人々は様々な困難を乗り越えながら、ケーキショップの再起を目指す。

                                           (小学館HPより)

3年前に手術した癌が再発し、再び治療を開始した小麦。
けれど、夢であったケ-キ屋を開店し、一所懸命ケ-キづくりを行なう日々。
開店時には、そこそこの集客もあったが、段々と客足が遠のき、店を一緒にやっている母親や義姉には病気の事が知れてしまう。

けれど・・・そこからが良かった。
義姉との関係も修復したし、再びケ-キ屋開店し頑張ろうと団結力を強めた家族。

小麦の兄・代二郎も妹思いで、温かい。
兄夫婦の息子・叶夢(かなむ)くんも可愛い。
叶夢くんは、ちょっと変わっていて、あまり友達と積極的に関わらず一人、別の世界を見てるかんじですが、叶夢くんだけに見える天使のレイモンド(通称レイ)の存在が、この家族を方向に導いていた。

天使の存在なんて非現実的なことだけど、それがあるからこそ、この物語が温かい物語として成り立っていたかんじ。

心が弱っているとき、信じるものの存在って大きい。

小麦の周りの家族以外の人たちも温かい人ばかりでした。

ラストは予想通りでしたが、哀しい気持ちよりも穏やかな気持ちの方が大きかった。

素敵なお話でした(^^)

★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]