忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392
4e661f5c.jpg   発行年月:2010年5月


ノンキャリでありながら順調に出世を重ね、ついには警視庁捜査一課に配属された黒田岳彦。しかし彼はある事件で失敗、出世の道は閉ざされたと感じていた。いっぽうI県警上野山署捜査課係長の小倉日菜子は警官の夫を職務中に亡くしていた。I県の事件捜査で出会ったふたりは少しずつ心を通わせてゆくが、新たに起こる事件や東京とI県の「距離」に邪魔されて……。異色の遠距離恋愛・警察小説

                            (文藝春秋HPより)


黒田岳彦と小倉日菜子。
警察官として、それぞれの地で懸命に勤務しているが、過去に辛いものを背負っている。
日菜子は夫を亡くした今も結婚指輪を外さず、明るく職務に全うしている女性警官で、その振る舞いは好感が持てました。
捜査で東京から訪れた黒田岳彦との出会いが最初にあり、この二人が恋愛関係になっていくのだな~と容易に判断出来ますが、実にゆっくりと二人の関係が育まれる過程も良かった。

二人はそれぞれ別の地で勤務する警察官ですが、次々起きる事件が二人を偶然、結びつけていく。
それは、やや出来すぎな偶然なのですが、ま、許せました^^;

起きる事件の真相がわかると、なんとも言えない後味の悪い暗い気持ちになるのですが、その分、二人の関係がより親密さを増すので、後味の悪さは後を引かずに済みます。
でも、事件のことをよくよく考えると、やや辻褄合わせが雑?のような印象も・・・?
あまり突っ込まずに読めばいいんでしょうけどね。


事件のことより、これは二人の警官のゆっくり育まれる恋愛小説として楽しめばいいのかも。
そういう意味では、十分楽しめました。

早急過ぎず、相手を思いやりながら、自分の今後の事も冷静に考える二人。
大人の恋愛ってかんじで良いな。

特に日菜子の決断は、理想的なものでした。

別々の地で勤務の地方公務員の恋愛って、想像以上に弊害大きそうだけど、二人ならこの結びつきをより深めていくんだろうなぁ~と思えるラストも良かった。
いつか、二人の今後の話も読みたいな~。

★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]