忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2143]  [2142]  [2141]  [2140]  [2139]  [2138]  [2137]  [2136]  [2135]  [2134]  [2133



発行年月:2018年9月


 

知人を訪ねただけなのに……
最悪の五日間の幕が開く!

遺体の第一発見者となりながら逃げ出した中年男。
その様子を目撃、男を脅迫し始める男子高校生。
だが、あったはずの遺体が消えて……

著者渾身の本格長編ミステリー!

鶴川佑作(つるかわゆうさく)は横須賀(よこすか)のマンションに住む、独身の五十四歳。借りた雑誌を返すため、同じ階の住人・串本(くしもと)を訪ねた。だが、インターフォンを押しても返事がなく、鍵(かぎ)もかかっていない。心配になり家に上がると、来客があった痕跡を残して串本が事切れていた。翌日いっぱいまで遺体が発見されては困る事情を抱える佑作は、通報もせずに逃げ出すが、その様子を佐々木紘人(ささきひろと)と名乗る高校生に撮影され、脅迫を受けることに。翌朝、考えを改め、通報する覚悟を決めた佑作が紘人とともに部屋を訪れると、今度は遺体が消えていた……

               (発行/祥伝社)




マンション内で親しくしていた串本の部屋を訪れて、そこで
亡くなっている串本を発見してしまう鶴川祐作(54歳)。


すぐに通報しないで去る行動は、あり得ないと思うなぁ~^^;
でもそれをしないと物語が進んでいかないので仕方ない。

逃げ去る姿を目撃し動画に撮る高校生・佐々木紘人。
2人は、お互いのことを話し、串本さんの死の真相を追うことに。


小学2年生の女の子が行方不明になっていること、串本が小学校で色々な子に声を掛けたり、写真を撮ったりしていたことがわかり串本に対する周囲の不信感、払拭のためにも2人は絶対に真実を突き止めようとする。


そして、わかる真実。



ああ、二人が信じていた串本が良い人で良かった!


無職の鶴川、学校での人間関係に悩み不登校だった紘人。
2人がこれを機に自分の生活を変えようと前に進み始めた姿も
ホッとした。


面白かった!


                   ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]