忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1793]  [1792]  [1791]  [1790]  [1789]  [1788]  [1787]  [1786]  [1785]  [1784]  [1783



発行年月:2015年1月


 イタリア半島最南端、赤い花の咲き乱れる丘に根を下ろして暮らすアルクーリ家の人々。ときに横暴な地主に、ファシズム政権に、悪質な開発業者に脅かされながらも、彼らは美しい丘での生活を誇り高く守り続ける。そしてその丘には、古代遺跡のロマンと一族の秘密が埋もれていた。イタリアの権威ある文学賞、カンピエッロ賞受賞作。

                   (新潮クレストブックスHPより)



著者のあとがきを読んで、やはり著者自身のルーツが元になっているのかな?と。

アルクール家の4代に渡る壮大な物語。

語りは、一族の末裔リーノ。
父親・ミケランジェロから聞かされた祖父アウトゥーロのこと、曾祖父アルベルトのこと。
また祖母や曾祖母のこと。ミケランジェロの妹・ニーラベッラのこと。

一族の持つ丘の近くで遺跡調査が始まり、アルクーリ族の所有の土地を買い取らせて
欲しいという地主のドン・リコに頑として「売らない」という姿勢を貫いたことで
リーノの祖父・アルトゥーロは、政治的反逆者として遠く離れた島に流され、4年8か月で
帰ってくる。

その後、1940年にイタリアが戦線布告。
そして、ある日、英国機が墜落するのを目撃するアルクーリ家の人々。
奇跡的に助かった乗組員のウィリアムを助け匿う。
オリーブの収穫を手伝えるくらいまでに回復したウィリアムだったけれど・・・・
そして、その後、再びアウトゥーロの行方がわからなくなる。

アウトゥーロどうししゃったんだろ?
最後までその行方が分からず気になりました。

しかし、その息子・ミケランジェロも娘のニーラベッラも大学進学し
ミケランジェロは教師に、ニーラベッラは絵画の勉強をするためにイギリスへ留学と
自分の生き方を見つけ成長する。


リーノが父から聞かされる一族のことは、その後はリーノの子どもへ、そしてまたその
子どもへと伝わるんでしょう。

著者が自分のルーツを辿り、書かれたこの物語、素晴らしかった!


                       ★★★★★


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]