忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1770]  [1769]  [1768]  [1767]  [1766]  [1765]  [1764]  [1763]  [1762]  [1761]  [1760



発行年月:2013年5月


 ブッカー賞最終候補作
オレゴン文学賞、ロジャース文芸財団小説賞、総督文学賞、スティーヴン・リーコック・ユーモア賞受賞作

粗野で狡い兄・チャーリー。普段は優しいが、キレると大変なことになる弟・イーライ。悪名とどろく凄腕の殺し屋シスターズ兄弟は、雇い主の“提督”に命じられるまま、ある山師を消しにカリフォルニアへと旅立つ。ゴールドラッシュに沸く狂乱のアメリカで兄弟は、この目も当てられないダメな旅路で、何に出遭い、何を得て、そして何か失うのか? 小説のあらゆる感情を投入し、世界の読書界に一大旋風を巻き起こした、総督文学賞など四冠制覇、ブッカー賞最終候補作! 訳者あとがき=茂木健

*第2位『闘うベスト10 2013』
*第4位『このミステリーがすごい!2014年版』海外編
*第5位(新人賞第1位)『ミステリが読みたい!2014年版』海外編
*第10位『週刊文春 2013年ミステリーベスト10』海外編

                    (東京創元社HPより)



ゴールドラッシュの時代の話。
一攫千金を狙って、多くの争いがあった時代ですね。

映画でもよくみる西部劇のなかの荒くれ者が沢山登場というかんじ。
 
主人公はシスターズ兄弟、兄のチャーリーと弟のイーライ。
提督の命令で、盗人のハーマン・ウォームを探して殺す目的で旅をする。

道中の話が愉快。
でも結構、残虐に殺しちゃったりするんだけど・・・・。

残虐な二人だけれど、会話のなかには、優しい人たち?と思わせるものもあり
途中であった少年には結構、優しく面倒見てあげたり
愛馬が瀕死の状態でも見捨てず最後まで一緒に居てあげたり。

そして、やっと見つけたハーマン・ウォームと何故か、砂金採りを共に行う
仲間になって・・・・・

兄弟自身も何度も命の危険に晒されながらの旅で、最後は、結局何のために
こんな大変な思いをしたのやら????というかんじ。

ラスト、兄弟を迎えた母親の平然とした対応になんだかホッとした。
兄弟もホッとしてるみたいで、それが愉快^m^


読むのに時間かかったけど、なかなか面白かった!!


                        ★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]