忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1691]  [1690]  [1689]  [1688]  [1687]  [1686]  [1685]  [1684]  [1683]  [1682]  [1681



発行年月:2015年11月


 元職場の女子会で知らされる、
恋人に娘が生まれたこと。
その本当の意味に触れたとき、
あなたの「常識」は揺らぎはじめる。
                   
第31回 太宰治賞受賞作 書き下ろし「お気に召すまま」併録

                  (筑摩書房HPより)



受賞作
<名前も呼べない>も<お気に召すまま>も
主人公は、心にトラウマを抱えて悶々としている女性たち。

<名前も呼べない>の主人公は中村恵那。
20歳年上の職場の上司・宝田と不倫関係にあったが、宝田に二人めの
子どもが誕生し、関係が途絶え職場を辞め実家に帰ろうとしている。

驚くのは、体の関係はなかったということ。
恵那は人と触れ合うことに恐怖心を覚えるため宝田ともキス止まり。
そして、宝田の妻・亮子の開くピアノ教室の生徒で亮子とも親しくしていた。

宝田とそんな関係にありながら平気で自宅を訪ねピアノを習い仲良くお喋り
したり・・・・理解不能だったなぁ~。

友人のメリッサの方に興味が強く沸き、彼(彼女?)の物語をもっと読みたいと
思ってしまった。

最後、亮子に思いのたけを全て電話でぶつける恵那は凄かったけど、それを
受ける亮子も凄かった。ふつう同じように激昂するとかだと思うけれど・・・
受け答えが冷静過ぎて怖かった。

まあ、よくわからない人たちばかり出てくる物語でしたが
不思議と面白く読めたかな?


<お気に召すまま>の主人公・羽田美波は高校の英語教師で
英語の弁論部顧問。夫と離婚したばかり。
幼い頃、鬼に変身した母親から逃れるため、ベッドの下に潜り込むのがクセだった。
が6歳のとき、母親が突然、家出して以後、5歳年下の妹と3人暮らし。
妹も今は結婚し、3歳の息子と夫と暮らしている。

美波が顧問の部活の部員・中島文乃が最近、何やら様子がおかしいと
担任の不破から相談され、彼女の抱えているものを探ろうとする美波。

生徒と話をするうちに自分のなかにあった、鬱蒼としたものが少し消えていく
かんじかな?

話としては、こちらの話の方が好きだった。
主人公にエールを送りたくなったから・・・。


1986年静岡県生まれかな~
これがデビュー作なんですね。

これからの作品も期待したい新人さん登場。


                        ★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]