忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1563]  [1562]  [1561]  [1560]  [1559]  [1558]  [1557]  [1556]  [1555]  [1554]  [1553



発行年月:2015年2月


 米崎県警平井中央署生活安全課が被害届の受理を引き延ばし、慰安旅行に出かけた末に、ストーカー殺人を未然に防げなかったと、新聞にスクープされた。県警広報広聴課で働いて4年、森口泉は、嫌な予感が頭から離れない。親友の新聞記者、千佳が漏らしたのか? 「お願い、信じて」そして、千佳は殺された――。県警広報課事務の私に、何ができる? 大藪春彦賞作家、異色の警察小説。

                     (徳間書店HPより)



ラストに向かうまでの過程は面白かった。
事件の真相を追うのは、親友の不可解な死の真実を突き止めるため独自に捜査する
警察事務員の森口泉。
泉と同期の警察官・磯川も捜査協力。

事件の背景に浮かんでくる、ある宗教団体の存在。
警察組織の闇の部分。
組織を守ることが最優先という姿勢に腹が立つ。

最後に泉は決断する。
警察官になろう!と。
事務職員では直接、犯罪捜査に関与出来ないから。
その志を応援する磯川。
2人の間には、強い信頼関係が生まれた。


これ、続編ないかなぁ~?
泉が警察官となり、磯川と犯罪捜査する話、読んでみたいなぁ~。

表題の「サクラ」は、花の桜じゃなかったんですね。
読んで意味がわかりました。


読みやすくてなかなか面白かった!


                             ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]