忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1322]  [1321]  [1320]  [1319]  [1318]  [1317]  [1316]  [1315]  [1314]  [1313]  [1312




発行年月:2014年1月

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。

胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。

                   (新潮社HPより)





短編連作集?
前の話で出てきた人が次の話でも出てきたりする。
首折り男ってちょっと怖い殺人者だけど、読んでいるうちにあまり怖くなくなる。

理不尽な目に遭ってる人を放って置けない人がいるって救われる。
それが関係ない人からみたら、酷いやり方と思われるかもしれないけれど。


いじめにより理不尽な目に遭っている少年の話は辛かった。
でも一人で孤独に戦っている状況から誰かがそのことを知って見守っていると
わかるだけで救われるのかな?
最初の話<首折り男の周辺>では見知らぬ男に窮地を救われた少年。
<人間らしく>では、なんだかわからないけど虐めていた首謀者が突然の大怪我で
少年は虐めから解放。その後、成人して医者になった。


悪い者が罰せられ、我慢して耐えていたものが救われるのは読んでいて気持ちいい。

ほかの話にもそんなかんじのがあって、伊坂作品は安心して読める。
いつかこの状況は変わるんだ、きっとと思えるから。


探偵なのか?盗人なのか?よくわからない黒澤もいいキャラクター。
黒澤主役の長編があったら読みたいなぁ~。


バラバラに書いたものが、少し手を加えたらつ繋がりのある物になったって
あとがきに書いていたけれれど・・・伊坂さんの才能って凄いな。

                          ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]