忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1294]  [1293]  [1292]  [1291]  [1290]  [1289]  [1288]  [1287]  [1286]  [1285]  [1284




発行年月:2014年2月


 
なにげなく働いているように見えるあの人も、
本当は何かに悩んでいるのかもしれない――あなたと同じように。
 
ブレイク必至の新鋭が、ありふれた雑居ビルを舞台に、
つまずき転んで、それでも立ち上がる人の姿を描いた感動作!

                     (光文社HPより)




5つの短編集。
とある雑居ビル内にで働いている人々の物語でした。


<泥雲>
手もみマッサージ店を任されている41歳の女性。
離婚して今は中2の息子と小1の娘と暮らしている。
24歳の時、店に飾る絵を探し、みつけたお気に入りの絵をずっと壁に飾っている。
絵を描いたのは、ウツミマコト。雪が舞うようなその絵はどこか暗く寂しい。

息子との関わり方に悩む日々だけど、少しその関わり方がわかりかけたラストは
ホッとした。


<7番目の神様>
カフェ店長の橋場。
同じビル内の上の方で勤務する藤原に誘われて合コンに参加。
そこで知り合った笑美とのデートで映画を見る。
ウツミマコトの「深海魚」という映画が好きと言うが、自分はその良さがわからない。

正直に「わからない」と言えたことで、ふたりの関係が良い方向に変わりそうで
ほっこり(^^)


<龍を見送る>
古書店でバイトする朝海20歳。
アマチュアバンドで作詞作曲を担当している。
バンド仲間の哲平とはネットの音楽のコミュニティサイトで知り合った。
二人でユニットを組み、ある程度の人気が出たが、突然、哲平はほかの女性と
ユニットを組むことを決め現在のバンドから抜ける。

勝手過ぎる言い分にズバリ言った朝海。
格好いい!もっと良い出会いがきっとあるよと言いたくなった。


<光る背中>
IT会社事務員の十和子28歳。
一流会社勤務34歳のプレイボーイ上条由隆に夢中。
メールをしても返信はない。けれど、突然、デートに誘う。
誘われれば、嬉しくていつでも出ていく。そしてそのデート中のことを思い出して
落ち込むの繰り返し。

でも、最後はきっちり見送ることが出来て良かったね~。
見送って正解!


<塔は崩れ食事は止まず>
以前はカフェオーナーだった天音は、今はホームセンター勤務。
カフェ時代一緒にやっていた郁子とわだかまりを残したまま。
ずっと不眠に悩まされている。
マッサージに訪れ、施術後、不眠症をきちんとお医者さんに直してもらうべきと
助言される。

職場の同僚の子どもを預かることになり、その子と過ごす時間のなかで、何か気持ちが
前向きになっていく様子が良かった。


5つの短編、それぞれ頑張っている人たちの姿を描いていた。
身近に居そうな人たち。


どの話にも出てくるウツミマコトの映画「深海魚」。
ストーリーは簡単に書かれていたけれど、その話を長編みたいに書いて
くれないかなぁ~。すごく興味を覚えてしまった。
好きだという人と嫌いだという人、両極端な評価だという映画。
自分はどっちかなぁ~?


面白い短編集でした。
ほかの作品もぜひ、読んでみたい!


                           ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]