忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1239]  [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  [1234]  [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  [1229




発行年月:2013年10月


 人生の半ば、迷い抗う大人たちを描く、著者15年ぶりの長編小説!


故郷を飛び出し、静かに暮らす同窓生夫婦。夫は毎日妻の弁当を食べ、出社せず釣り三昧。行動を共にする後輩は、勤め先がブラック企業だと気づいていた。家事だけが取り柄の妻は、妹に誘われカフェを始めるが。

                   (角川書店HPより)



15年ぶりの長篇だったんですね~。

物語の舞台は三浦半島の端っこ、久里浜。
横浜の京浜急行の景色などが背景にあって・・・・学生時代、近くに住んでいたので
懐かしい思いも少し感じたりしながら読みました。


地元の長野県で、同じ高校の先輩・後輩の関係である佐々井夫妻。
妻の冬乃は夫のことを今でも佐々井君と呼んでいる。
地元では一番優秀な高校を卒業したけれど、家庭の事情で就職を選んだ佐々井くん。
そして、現在は久里浜で生活している。
冬乃の妹・菫も近くに住んでいたけれど・・・住んでいた家でボヤを出して住めなくなり
姉夫婦の元に居候。

仲良く暮らす夫婦とその妹という和やかな雰囲気だったけど、佐々井くんの勤務する
会社の様子がわかると、なんだか重たい雰囲気に。
会社の後輩・川崎哲生が登場して、変わった人だなと思っていたら・・・・
もっと変わったモリが登場。芸能関係のお仕事?
菫の彼?と最初は思ったら、そうじゃないらしく、単なる友だちの関係みたい。


たくさん人が出てきて、少々、混乱したけれど、公園で冬乃が会えば言葉を交わす
所さんが良かったなぁ~。
名前は韮崎和夫なんだけど、所ジョージが年を取ったような雰囲気ということから
姉妹で読んでいる呼び名が「所さん」。

会社が劣悪な状況になり、佐々井くんの後輩・川崎が辞職。

冬乃と菫が始めたカフェを手伝うことになり、モリも時々、経営などに助言して
なんとか良い感じで続くのか?と思いきや・・・・

人生いろいろですね~。

うまく行かないこともあるけれど、色々な人に支えられて人は
何とか前に進んでいけるのだなぁ~なんて感じながら読み終えました。


淡々とある夫婦を軸に描いた人間模様。
でも、いろいろな人が繋がっている雰囲気はよかったな。

佐々井夫婦の今後が明るいものでありますように・・・

               
       

                          ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]