忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1221]  [1220]  [1219]  [1218]  [1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213]  [1212]  [1211



発行年月:2013年11月

今日は年に一度のイベント、書店大賞授賞式の日。成風堂に勤める杏子と多絵は、初めての授賞式参加とあって、華やいだ気分でいっぱいだ。ところが朝の業務を終えて出かけようという矢先に、福岡の書店員・花乃が「書店の謎を解く名探偵」に会いに成風堂を訪れる。書店大賞事務局に届いた不審なFAXの謎を解いてほしいというのだ。一方、明林書房の新人営業マン・智紀も、今日この日を有意義に過ごすべく、準備万端整えていた。そこへ、他社の営業マン・真柴から、今すぐ来いと呼び出しを受ける。書店大賞事務局長の竹ノ内が、今日のイベントに関わる重大問題に頭を抱えているらしい……。
〈成風堂書店事件メモ〉×〈出版社営業・井辻智紀の業務日誌〉、両シリーズのキャラクターが勢ぞろい! 書店員の最も忙しい一日を描く、本格書店ミステリ。

                (東京創元社HPより)



出版社・明林書房の井筒くん(ひつじくん)の話は読んだことあったけれど、
書店・成風堂の物語を読んでいなかったので、最初、次々登場する人物たちを
把握するのに頭のなかがグチャグチャしてきました~^^;

年に一度の書店員が選ぶ書店員大賞受賞式。
その式を前に大賞事務局に届いた1通のFAX

『だれが「本」を殺すのか』犯人は君たちの中にいる  飛梅書店

果たしてこれを送った犯人は?
犯人はどんな意図でこれを送ったのか?


ミステリーの謎を解くのは、
成風堂の名探偵・多恵なのか?明林書房の井筒か?

謎解きに向かう過程の、書店員たちと出版社側の人間の動きが興味深かった。
大切な受賞式を控えた一日が刻々と近づいていくなかでの物語。

本屋大賞って、こんな風に決まるんだぁ~。

謎解きの鍵は、FAXにあった飛梅書店。
8年前に店主が急死したのを機に閉店された書店。

物語の冒頭で、登場の九州・福岡の書店・はちまん書店の佐々木花乃ちゃんが
こういう風に関わってくるとはね・・・。
なんとなく関わりがあるんだとは思っていたけれど・・・


これが邂逅編ということは、まだ成風堂書店の話は今後もあるということかな?
先に出た、話をとりあえず、読んでおこうかな?


                        ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]