忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1210]  [1209]  [1208]  [1207]  [1206]  [1205]  [1204]  [1203]  [1202]  [1201]  [1200




発行年月:2013年8月

歴史の渦と夫婦の深淵。林真理子の新たな代表作!

わたくしは妻でございます。妻なら真実を聞かねばなりませぬ――。
鳥羽伏見の敗戦で江戸へ「逃げ帰った」と伝えられる最後の将軍、徳川慶喜。若い頃から英邁と讃えられた男は、しかし、本当にただの卑怯者なのか。
公家の姫として京から江戸へ嫁いだ美賀子の人生を通して、妻だけが知り得た歴史の真相を描き、幕末史に新しい光をあてる傑作長編、完結!

                  (講談社HPより)


幕末の日本史を背景に、美賀子の生き様を描いていた。
薩摩と長州が手を結び、徳川を倒そうとしている。
そしてイギリスやフランスは、日本に開港を機に自国の利益を目論んでいる。
いろいろな事が、これから起きると頭のなかで考えていた慶喜。


そして、鳥羽伏見での敗戦で謹慎の身となり江戸から駿河(静岡)に移り住む。
幾人かの側室と美賀子も共に・・・。

そして、側室に次々と子が生まれ、美賀子は「おたあさま」と子等に呼ばれ
徐々に母性をかんじ、子ども経ちと過ごす時間にも穏やかな幸せを感じる。

一方の慶喜は、多趣味で、油絵、写真、鷹を使う猟に夢中になり、村人の家にも気安く
立ち寄ったりして「けいき様」と呼ばれ親しまれていく。


晩年の暮らしは、穏やかで、美賀子との間にも温かい夫婦らしい会話があって
ホッとした。
このままでは美賀子が気の毒と思っていたが、最期はきっと心穏やかだったんじゃないかな?
と想像できる物語の結びになっていた。


美賀子のほかに同じように好感が持てたのが、火消しの辰五郎の娘・お芳。
側室とはちょっと違うかたちで慶喜のそばで世話をしていた女性。
思ったことをハッキリ言うところが気持ちよかった。
お芳の父・辰五郎も慶喜のことをどんなときにも支えて自ら「上さまには男惚れした」と言っていた。


世間的には、戦を放り出し、自分だけ先に逃げた卑怯な者という認識だけど
こうして物語を読んでみると、確かにいろいろな考えがあっての事だったのかな?
なんていう風にも思える。


なかなか面白い物語だった。


                          ★★★★





 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]