忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1202]  [1201]  [1200]  [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  [1193]  [1192




発行年月:2013年8月


 第45回メフィスト賞受賞作

本を愛し、言葉の力を信じるすべての人に!
ファンタジー界を革新する大作、ついに登場!

剣でも、魔法でもない、少女は“言葉”で世界を拓く。

鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女(ソルシエール)」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、「魔女」と恐れられる彼女は、自分の声をもたないうら若き少女だった――。

                      (講談社HPより)


上下巻で1冊が650頁という長編中の長編!
先に読んだ主人が「凄い!」「面白かった!」と言うので・・・
じゃあためしに最初だけでも読もうかなぁ~と読み始めた次第。

そしたら・・・・朝から夕方まで読み続けてしまった^^;
面白い!!

あまりパッとしない風貌の少年・キリヒトがどんどん凄い力を見せてくれる。
図書館の魔女を災いから守るために、いろいろな力を受け継いだキリヒト。
ただし、文字を読むことは出来なかった。

最初は、文字を教えられなかったのは何故だろ?
と思ったのですが・・・なるほど。
文字を学ぶよりも大切なことが、あったからですね。

図書館の魔女・マツリカは言葉を発することが出来ない少女。
キリヒトに会った瞬間、その内に秘めた力に興味を持ち、最初から名前を与えた。
ただし、名前はマツリカが指を鳴らすその音。

二人が次第に意思疎通を図り、行動を共にしていく様子が微笑ましい。
ただし、少年と少女と言っても、マツリカの話すことはとっても高尚。
本から得た知識が半端ないから・・・。

上巻の終盤では、キリヒトの力が大いに発揮された場面があり、
勝手に自分の頭のなかで映像化しながらワクワクしながら読みました。

下巻では更に秘めた力をマツリカを守るために発揮するのかな?

物語の行方が気になるので、今すぐ下巻を読み始めます!!


                           ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]