忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114



発行年月:2013年6月


瀬戸内海の小さな島、冴島。
島の子はいつか本土に渡る。
17歳。ともにすごせる、最後の季節。
旅立ちの日は、もうすぐ。別れる時は笑顔でいよう。

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里(あかり)。
美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花(きぬか)。
父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹(げんき)。
熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新(あらた)。
島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。
「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。
故郷を巣立つ前に知った大切なこと――すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。

                       (講談社HPより)




瀬戸内海に浮かぶ冴島に暮らす4人の高校生たちと島の人たちのふれあいが素敵。
小さな島だから、人間関係が濃い。
島の住人には、以前から住む人と、別の土地から入ってきたIタ-ンの人がいる。
シングルマザ-の蕗子や都会から逃げてきたという本木など。

誰でも多少の問題を抱えているけれど、それがこの島の人々との関わりのなかで
少しずつ解決されていきそうなのが読んでいて楽しかった。

島自体も活気がありそうで、元気な人が多いかんじ。
大矢村長もちょっと計算高いかんじかな?と最初は思ったけれど、人情には厚そうで
こういう人がリ-ダ-シップを取るのは当然なのかな?


島に幻の脚本が眠っている物語の冒頭で探しに来た人物がいて、それは高校生たちの
作戦で誤魔化し追い返したんだけど、それが後に本物らしいものが見つかって・・・という
終盤の話もワクワクした。


高校を卒業し、それぞれの道を進んだ高校生4人組。
島を離れる者あり、残る者あり。
離れても、こんなに素敵な故郷があったら、いつまでも忘れずに島とそこに住んでいる
人たちを大事に思い続けるでしょう。


表紙の絵も素敵!
装画は五十嵐大介さん。
女性が描いているかと思っていましたが、男性なんですね~?


                          ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]