忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  [1115




発行年月:2013年4月


友を陥れてまで、己は出世を望んだのか? 若き執政がゆく道は、栄達か、修羅か。

職務において冷徹非情、若くして執政の座に昇った桐谷主水。かつて派閥抗争で親友を裏切り、いまの地位を得たと囁かれている。三十半ばにして娶った妻・由布は、己の手で介錯した親友の娘だった。互いに愛情が芽生えはじめた頃、由布の弟・喬之助が仇討ちに現れる。友の死は己の咎か――。足元はにわかに崩れ、夫婦の安寧も破られていく。すべての糸口は十年前、主水と親友を別った、ある<事件>にあった。

著者史上、最上の哀切と感動が押し寄せる。
組織を生き抜く者たちへ――直木賞作家・葉室麟の新作! 峻烈な筆で描き出す、渾身の時代長編!!

                      (講談社HPより)





主人公は37歳の桐谷主水。
幼い頃から親友であった芳村綱四郎を介錯することになった後世河原騒動の真相を追う。
綱四郎はなぜ、切腹しなければならなかったのか?
罪は根源は誰なのか?

主水の妻は、綱四郎の娘・由布。
父親が切腹の前に、主水を恨んではならないと説き、その言葉を信じ、主水の元に嫁ぎ
慕っている。
けれど、息子の喬之介は敵討ちの意向を示す。

後世河原騒動の真相は????


真相を追う主水。
そしてわかる真実にビックリ!
え?それじゃ罪の根源を斬るのは無理じゃない?
なんて思って、どうする主水?
ハラハラドキドキ。
今までの葉室作品のなかで、一番先が読めず緊迫した状況に頁をめくる手が
止まらなくなりました。

八方塞の状況なだけに、最後は必ず主水が勝つと信じながらもハラハラ感はマックス!

相手が誰であろうと許せないものは恐れず向かい自分の正義を貫く。
実際、こんな風に行動できる者は居ないだろうなぁ~と思いつつ、その姿には
惚れます。
格好いいぃ~!!


権力に抗えず、自身の志を曲げてしまった者の哀しさも・・・。
途中で主水の側について行動を共にしていた早瀬与十郎の告白は、辛かったなぁ~。


しかし、最後、主水の重い気持ちを和らげたであろう妻の由布の言葉が素敵だった。

「自らの命を託す相手と出会えた者は、それだけで幸せなのではないでしょうか」


葉室さんの作品は、やはり実在のモデルがいるものよりも
こういうお話の方がいいな。
 

 
 
                            ★★★★★




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ひろさんへ
そうですね!
今流行の倍返しでした!!
やはり正義が勝つお話は、爽快感があります(^^)

なるほど・・・葉室さんは真面目過ぎるゆえ実在の人物を描くとなると史実に忠実にと思われるのでしょうかね?
「さわらびの譜」は期待できますね?
あ、その前に「月神」を読まなきゃ!!
図書館の順番待ちですが、ひろさんの情報があり意外と早くに順番が廻って来そうです^m^
kyoko 2013/09/03(Tue)15:43:23 編集
倍返し
「たとえ相手が誰であろうと許せない奴には今流行の倍返しじゃ。判ったか!」面白かったですね。確かに言われる通りに実在する人物の場合、ハムリン先生の真面目過ぎる性格からか史実にとらわれて、いつもの自由闊達があまりみらません。
一方、架空の場合はその真逆と思われます。
其の点でいけば次作「さわらびの譜」は期待が持てそうです。
ひろ 2013/09/03(Tue)09:20:27 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 13 14
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]