忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1053]  [1052]  [1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043
61fo1brOfPL__SL500_AA300_.jpg発行年月:2013年3月


13世紀、フランス。“天啓”を受けた羊飼いの少年・エティエンヌの下へ集った数多の少年少女。彼らの目的は聖地エルサレムの奪還。だが国家、宗教、大人たちの野心が行く手を次々と阻む―。直木賞作家・皆川博子が作家生活40年余りを経て、ついに辿りついた最高傑作。 



                       (ポプラ社HPより)



少年十字軍のお話。
悲劇的な最後が待っているのかなぁ~と思いながら読み進めたけれど
史実に基づきながらも、悲しいだけでない物語だったので、最後はちょっと救われた。

ある日、神の啓示を受けた貧しい羊飼いの少年・エティエンヌ12歳と彼の力を信ずる子どもたちが聖地エルサレム奪還を目的に旅を続ける。
彼が本当に神に選ばれた者なのか、疑う者もあり、信ずる者もあり。
少年たちに付き添う形で大人も数人、途中から旅に加わる。

そしてエティエンヌに対抗心を燃やし、自ら胸に十字の焼印を押し、自分こそが神に選ばれた者であり
エティエンヌは偽者と申し出たレイモン。

レイモンとは対照的にエティエンヌは、始終、穏やか。
仲間のなかにけが人が出れば、癒しの力を使い、レイモンの瀕死状態も救う。

レイモンに仕えていた者もエティエンヌのほうを心の中では認めたり・・・・

そして、旅の仲間で唯一の女の子・アンヌ(13歳)の洞察力は鋭い。
アンヌ視点の、エティエンヌとレイモンについての語りの部分が興味深かかった。

聖地に向かう難所、海を目の前にしてのラストの場面は
現実と空想が入り混じるような不思議な感覚で果たして少年十字軍たちは、この先どうなる??と
はっきりした終わり方ではない。
けれど、史実通りならば・・・・・・・とあれこれ想像。

もう少し、別の書物でも少年十字軍について学んでみたいと思った。


読み応え十分でした!
表紙の絵も素敵です。

                                          ★★★★

 



 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]