忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
51p8yVpu8WL__SL500_AA300_.jpg発行年月:2012年3月

そして、子供たちは目を輝かせる。
「PK」「超人」「密使」からなる“未来三部作”。こだわりとたくらみに満ちた三中篇を貫く、伊坂幸太郎が見ている未来とは-------。

その決断が未来を変える。連鎖して、三つの世界を変動させる。
●今から思えば、試されていたのかもしれない-----PK
●君も闘っているのか? 俺たちは楽じゃない------超人
●世界を救うのに、誰かが蔑ろにされるなんて------密使


                                      (講談社HPより)


三部作からなる物語。
それぞれは違う話のようで、複雑に絡み合っている。
前に出てきた人が次の話に出てきて・・・・「おぉ~!!そういうことね」なんて気づくのが楽しい。
一度読んだら、忘れちゃうだろうから、これは再読する度に楽しめそうな話だな。


最初の話「PK」は、正にサッカ-のPKの話。
過去の2002年のワ-ルカップの予選で、その試合に勝たなくては日本は決勝に進めなくなるという大事な試合のPKの場面を回想する。
そんななかPKを掴んだ小津選手。
しかし、小津選手のその日の試合中の調子は不調。果たして決めることが出来るのか!?
と蹴る寸前にチ-ムメイトの宇野選手が何か小野に囁いた様子。
そして見事にゴ-ルを決めた。

こんな場面が最初にあって・・・・
そのとき、何を囁いたのか?どうして不調気味の小津が見事なPKを決めたのか?とずっと気になっているという大臣。
大臣と秘書がそんな会話をする。



「超人」
作家が二人。
一人は奥さんに浮気がばれた。
警備会社の営業マン・本田が二人作家のところに来ての会話。
本田は幼いとき、大臣に命を助けられたと話す。
そして自分にはある特殊な能力があり、殺人を犯す者がわかるので、それを未然に防ぐために加害者となるべき人を殺しているのだと告白する。
そして、次の殺人者は政治家。10年後に1万人が死ぬらしい。

大臣が以前、自分が助けた男はどうなっているか、気になるので会いたいと思い、行動する。


「密使」
男はその日、握手をした人のその日の終わりの6秒間を盗むことが出来る。
より多くの時間を盗むために船隊ヒ-ロ-ショ-のヒ-ロ-に扮する仕事をし、ショ-の終わりの握手会で多くの人と握手をする。
その盗んだ時間を使っての使命が耐性菌の蔓延を防ぐこと。
その方法は、過去に密使を送り込むことだと男は説明を受ける。
その使命を果たすと人類の多くの命は助かるが自分は消えるらしい。



メモしたことを頭を整理するためにまとめてみたけど、モヤモヤ。

同じような話が出てきても、少し前に出てきた状況と変わっていたり・・・・
誰かが起こした行動が、何らかの変化を起こして、別の世界のおなじような状況を変化させるということだろうか?


もう1回再読したらもうちょい見えなかったものが見えてくるかな?

ミステリ-というよりこれはSFですね。

完璧に理解してないけど、難解な部分も含めて、こういう雰囲気は好き♪
楽しませて貰いました♪

 
★★★★

 
PR
51J6BHEXHTL__SX230_.jpg   発行年月:2005年6月

   音楽を愛する死神の前で繰り広げられる6つの人生

   ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に、
   ある時は本格推理風に……様々なスタイルで語られる、
   死神の見た6つの人間模様


                           (文藝春秋HPより)



伊坂作品のちょっと前の作品。
面白いと人から聞いて・・・まだ読んでなかったな・・・と読んでみた。

うん!面白かった!

死神っていうと不気味なかんじだけど、ここに登場の死神は、なかなかユニ-ク。
人間界に紛れ込んで生活し、担当者の死を「可」か「見送り」か判断する。
殆どの場合は「可」だそうですが・・・・例外もありました。


人間界では「千葉」と名乗り、時には青年。
時には中年会社員と姿を変えて担当者に接触する。


6つの話の4番目「恋愛で死神」がよかった!
死神の担当は、23歳の青年・荻原。
同じマンションに住む女性・朝美に片思いし、その後、彼女がスト-カ-被害に遭っていることを知り、撃退しようとして逆に殺されちゃう。
何で「見送り」にしてあげなかったのよぉ~!!と思ったけれど・・・・・
死ぬ間際に死神に言った言葉にドキッ!
そうか、彼はこれで満足だったのか?と思ったら切なくて泣けて来た(/_;)


そして6番目の「死神対老女」では、4番目の話と嬉しい繋がりがあって
それを知ったときは、嬉しかった♪

ササッと読めて面白くて・・・・
これは、ほかの人にも薦めたくなる本だと思った!

伊坂作品、過去作品にまだ読んでないのがあるので、また読んでみよう!



 

★★★★★
 

51yzVIoBl7L__SL500_AA300_.jpg発行年月:2010年3月


すべての伏線がつながるこの快感! 伊坂エンタメの技の冴えを、とくとご覧あれ。

みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。なんたって我が家は、六人家族で大変なんだ。えっ、そんなの珍しくないって? まあ聞いてよ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。しかも、飛びっきりアクの強いね。今回も、その一人と一緒に出かけたことから、とんでもない事件に巻き込まれて・・・。

                                           (新潮社HPより)



面白かったぁ~!!
高校生の由紀夫の4人の父親たちが最高~♪

4人の父親たち
・鷹・・・ギャンブラ-
・葵・・・居酒屋経営
・悟・・・大学教授
・勲・・・高校教師

4人の父親たちは、誰もが由紀夫のことを自分の子どもだと思っている。
そして、由紀夫の母親・知代のことも全員が大好き。


物語は最初、のんびりム-ドで進むけど、段々と事件の匂いがしてくる。
県知事選挙、不登校の同級生、鷹に連れられて行ったドッグレ-ス場で遭遇した事件。

それぞれは別々のことだったけど、ぜ~んぶ繋がっていた!

そして、由紀夫自身も危ない目に遭う。

父親たちの結束力で無事、由紀夫救出のラストは感動!

手旗信号・・・ちょっと覚えようかな?なんてふと思ってしまった(笑)。

父親4人の影に隠れて母親・知代の登場場面は少ないけど、自分と息子のことをこんなに愛してくれる男性(夫)が4人も居るなんて!
そして、好きなときに好きなように遠出して帰宅するというお気楽さが許されている環境!
羨まし過ぎるよ、知代さん(爆)。


余談だけど。。。。この本、1年以上順番待ちをしたうえ、取り置き期間中に図書館側のミスで次の予約者に渡されてしまったという、とんでもない不運を被った書でした。
予約してから1年半以上待たされたというわけ。

でも待った甲斐があったなぁ~(しみじみ・・・)


★★★★★
 
 
41cljVfYDhL__SL500_AA300_.jpg発行年月:2010年9月


物騒な奴らが再びやってきた! 
三年ぶりの書き下ろし長編登場!!

酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は、北を目指し疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲

                       (角川書店HPより)



「グラスホッパ-」(たぶん、未読)の続編になるとは知らずに読みました。
でも、困ることはなく、最初から最後まで面白く読みました♪

東北に向かう新幹線のなかで、繰り広げられる物語。
限られた空間と時間のなかで、スリル満点の物語が描かれていた。

新幹線のなかに、集まった人たちの、そこに来るまでの話も盛り込まれ・・・
最初は、悪魔みたいな中学生・王子とその子分みたいな生徒たちの行動が実に不快なかんじで、そこに偶然、通りかかった木村が、王子に関わっていく様子に興味を持った。
木村は、アルコ-ル依存症で、見た感じも危ない男。
けれど、根っからのだめ人間ではないような感じで、好感は持てないけど、王子をなんとかして懲らしめて欲しい!なんて期待しながら読んでいた。

でも・・・・・王子のほうがいろいろなことに長けていた。
怖すぎるぅ~、この中学生。将来、どんな大人になるのやら・・・。

そして、新幹線のなかに木村と王子が乗ることになって・・・・
そこにある使命を果たすための殺し屋。その使命を妨害するために乗り込んだほかの殺し屋。

ばらばらに進んだそれらの人物たちの話が段々に繋がっていき・・・・

最後に登場した人物には、驚きでした!!

おぉ~!!すごいな、この夫婦!!

そして、王子の「どうして人を殺したらいけないのか?」の問いに答えた
塾講師の鈴木の回答には、なるほど~!と感心してしまった!


「グラスホッパ-」では、この塾講師の鈴木も登場するらしい。
ここに少し出てきた殺し屋も登場するというから、順番が逆になってしまったけれど
そちらも読んでみたい!


しかし・・・・王子はその後、どうなったんだろう?
成長した王子の様子も怖いけど、ちょっと興味あるなぁ。

★★★★

 
b12a4aa8.jpg   発行年月:2008年10月

   
   検索から、監視が始まる。
   漫画週刊誌「モーニング」で連載された伊坂作品 最長1200枚

岡本猛はいきなり現われ脅す。「勇気はあるか?」
五反田正臣は警告する。「見て見ぬふりも勇気だ」
渡辺拓海は言う。「勇気は実家に忘れてきました」
大石倉之助は訝る。「ちょっと異常な気がします」
井坂好太郎は嘯く。「人生は要約できねえんだよ」
渡辺佳代子は怒る。「善悪なんて、見る角度次第」
永嶋丈は語る。「本当の英雄になってみたかった」


                                            (講談社HPより)


面白くないわけじゃなかったけど、異様に読むのに時間がかかりました^^;

主人公のシステムエンジニアの渡辺拓海を取り巻く人物たちがユニ-ク。
特に妻の佳代子がいい!
最初は、浮気を疑って、かなり怖い拷問を人に頼んだりしていたけれど、夫のことが大好きだということで・・・なんだか可愛い。
ちょっと異常なかんじもするけど、こういう人は遠くで見てる分には面白くて好き。

しかし、パソコンで検索したある単語で、監視が始まる社会って怖い。
遠くない将来、こんなことも起こりうるのか?
もしかして、もう既に?
そう思うとなんだかゾッとした。


面白くなかったというわけでもないけど・・・・
なんだか、何が言いたいのかよくわからない話ではありました。


よって、★の数少ないです。

★★
 
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]