忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5



発行年月:2017年10月


 

舞台はドイツ。探偵・カールがクリスマスの夜に出会った不思議な男とは……? 著者の初小説が自身の手により完全リメイク。フランスのBD作家による描きおろしイラスト付オールカラー絵本。

舞台はドイツ。
探偵カールがクリスマスの夜に出会った謎の男とは……?

伊坂幸太郎が贈る聖夜の奇跡の物語



大学生のときに著者が初めて書いた小説(初出『文藝別冊 伊坂幸太郎』/2010年小社刊)を自身の手により完全リメイク!

デビュー以来の伊坂作品のモチーフ、
「探偵」「男2人」「親子愛」「巧妙な構成」「ラストのどんでん返し」……
などのエッセンスがすべて凝縮された、珠玉の物語。
伊坂作品にはおなじみ、あのキャラクターの元祖とも言える人物も登場。

* * * * *

生まれて初めて完成させた短篇が元となった作品です。 ────  伊坂幸太郎

お話の最後ではいつも呆然となり、もう一度読み直したい気持ちで胸がいっぱいになりました。 ────  マヌエーレ・フィオール

* * * * *

*挿絵について*
伊坂さんも注目し、また松本大洋さんら日本の第一線の漫画家も各所で推薦している、フランスのバンドデシネ作家であるマヌエーレ・フィオールによる描き下ろし!


                      (河出書房新社HPより)



大学生の時、初めて書いた小説なんだぁ~。
凄く良かった。
探偵が浮気調査の尾行をしながら、立ち寄った公園で知り合った男との会話が
ユニーク。
色々と想像してみるって楽しい。

サーカスから逃げた男は、どこに???
公園で話をした男の仲間だったのか?

読み終えた後も、あれこれ想像。

絵も大人っぽくて、素敵。


                          ★★★★

PR




発行年月:2016年3月

陣内さん、出番ですよ。『チルドレン』から、12年。
家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちの物語。
書き下ろし長編

                  (講談社HPより)



「チルドレン」読んだような、読まなかったような・・・^^;
でも、楽しく読めました!
家庭調査官の仕事は、馴染みがないけれど、凄く大変な仕事だな。

陣内は、独特な雰囲気の人だけど、罪を犯してしまった少年たちに接する態度に
温かみがあっていいなぁ~。
こういう調査員に出会った少年たちは幸せかも。
罪を犯さないことが大事だけれど、いろいろな事が重なって重罪を犯してしまう
者もいるんだということに気づかされた。

罪を犯したものには厳罰をというのは、ちょっと違うのかな?
なんて色々と考えさせられた。

ここには、無免許運転の末、事故を起こし人をひき殺してしまった棚岡佑真(19歳)。

ネットで事件予告をする者に逆に脅迫文を送った罪で試験観察中の高校生小山田俊。

そして、棚岡佑真が小学生の時、登校中、突っ込んできた車により一緒に歩いていた
佑真の親友・栄太郎をはねて死亡させた、若林青年。


それぞれのことを知れば、3人とも悪人とは違う。

罪を罰するって難しいと思った。


重苦しい題材を、陣内というキャラクターが息抜きさせてくれるので読みやすい。
チルドレンも読みたくなった。


                         ★★★★



発行年月:2015年2月


 あの、正義って何でしょう。

住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる――身に覚えがなくとも。交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。この制度が出来て以降、犯罪件数が減っているというが……。今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。こんな暴挙が許されるのか?そのとき! 全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる!


                   (光文社HPより)




最初からショッキングな描写が続き・・・・なんじゃこりゃ?と引いちゃいました^^;

身近にごく普通の生活をしていた人が、危険人物だとされて平和警察に
連行され公開処刑なんて・・・残酷過ぎて。


登場人物たちが兎に角多くて・・・・
後に話にどう関わってくるのやら?とメモを取りながら読みました。

そして、暴力的な平和警察に立ちはだかる人物登場!
全身黒づくめのその人物は、平和警察に危く乱暴されそうな人を救う。

その黒づくめの正義の人(犯人でもある)を捕まえようとする平和警察ではない
県職員の警官たち。
平和警察のやり方に疑問を持ちながらも黒づくめの人物を捜査していく。


終盤、その黒づくめの人物がわかる。
物語には途中から出ていた人物で、その人がそういう行動を取ることにした
動機がなんとも切ないような・・・。


結構、人が惨く死んでいくのが少し嫌だったけれど
まあまあ面白かったかな?

表題の意味はよくわからなかったけど・・・・^^;
伊坂さんらしいといえばらしい話。


                          ★★★




発行年月:2014年9月


 ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
他力本願で恋をしようとする青年、
元いじめっこへの復讐を企てるOL……。
情けないけど、愛おしい。
そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ!!
伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説!

                  (幻冬舎HPより)




楽しいお話だった。

短編連作の形を取りながら、次第に登場人物たちが繋がって行く。
伊坂さんお得意の手法(?)。

大きな事件とかは起きないけれど、色々な人の普通の日常のなかに
運命的な出会いがあって、それがその人の人生の大きな岐路になったりして・・・。
人との出会いって大切だな・・・なんて思った。



あとがきを読んだら、斎藤和義氏から歌詞を依頼されて・・・・という話。
作家とミュージシャンのコラボっていい!!

読み終えて早速、斎藤和義氏の「ベリーベリーストロング~アイネクライネ~」を
検索して聴いてみた!
凄い良かった!
物語の世界観がそのまま歌になっていて、感動でした!!


                       ★★★★★




発行年月:2014年1月

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。

胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。

                   (新潮社HPより)





短編連作集?
前の話で出てきた人が次の話でも出てきたりする。
首折り男ってちょっと怖い殺人者だけど、読んでいるうちにあまり怖くなくなる。

理不尽な目に遭ってる人を放って置けない人がいるって救われる。
それが関係ない人からみたら、酷いやり方と思われるかもしれないけれど。


いじめにより理不尽な目に遭っている少年の話は辛かった。
でも一人で孤独に戦っている状況から誰かがそのことを知って見守っていると
わかるだけで救われるのかな?
最初の話<首折り男の周辺>では見知らぬ男に窮地を救われた少年。
<人間らしく>では、なんだかわからないけど虐めていた首謀者が突然の大怪我で
少年は虐めから解放。その後、成人して医者になった。


悪い者が罰せられ、我慢して耐えていたものが救われるのは読んでいて気持ちいい。

ほかの話にもそんなかんじのがあって、伊坂作品は安心して読める。
いつかこの状況は変わるんだ、きっとと思えるから。


探偵なのか?盗人なのか?よくわからない黒澤もいいキャラクター。
黒澤主役の長編があったら読みたいなぁ~。


バラバラに書いたものが、少し手を加えたらつ繋がりのある物になったって
あとがきに書いていたけれれど・・・伊坂さんの才能って凄いな。

                          ★★★★★
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]