忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862]  [861]  [860]  [859]  [858]  [857
51-Qy0B8eML__SS500_.jpg発行年月:2011年7月


同じ保育園に子どもを託している、作家のユカ、主婦の涼子、モデルの五月。三人の若い母親たちが抱える、痛みにも似た孤独と焦燥、母であることの震えるような幸福。彼女たちは何に傷つき、何に憤り、何に慰撫されているのか。作家が自身の体験のすべてを注いで描きだす、現代日本の「母」、そして「家族」。渾身の最高傑作!



                                             (新潮社HPより)



途中、読むのが苦しくなった。
ここに書かれている3人の母親が感じた孤独感やら焦燥感は、よ~く理解できるし、自分も同じことを思った!という場面も多かった。
たぶん、子育て経験者には似たことを感じるんじゃないだろうか?


育児って、やはり母親の方が、精神的、肉体的に断然、大変だと思う。
母親なんだから・・・と世間も自分も思う部分があって、追い詰められていく。
十分な睡眠が取れないのが辛かったなぁ~と自分自身の経験も振り返ったりして・・・・。

ここに出て来た3人のうち一番、普通な生活をしていた主婦・涼子の気持ちに共感する部分があったかな?
涼子は息子・一弥を一生懸命、愛情持って接しているけれど、それゆえ自分の考える通りに事が運ばないとイライラして一弥に暴力をふるってしまう。
そうしてしまう自分を冷静に見つめ、一弥にとってこの先、どうすることがいいのか?を考えて行動した部分は偉いな~と思った。

ほかの二人も、それぞれ抱えている問題を解決していくだろうと思える終わり方だったので、最後は少しホッとした。

しかし、読み難かったぁ~。
なんでだろ?難しいことが書かれているわけじゃないんだけど・・・・。
かなり疲れた~(;O;)



芥川賞受賞の「蛇にピアス」を読んだときにも感じたけれど、
この方の文章そのものとわたしは相性がよくないみたい・・・^^;
でも今後の作品も話題性があれば読んでみたいとまた思うかも?


                                            ★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]